寒い冬は光熱費がかさむ?! 光熱費をおさえる家づくりの秘訣とは?

こんにちは、厚生住宅建設の西村です。

11月も明日から後半。いよいよ冬本番が近づいてきました。

寒くなってくると気になるのが、暖房にかかる光熱費。
寒さは健康にも影響しますし、光熱費がかさむからといって暖房を我慢するわけにはいきませんよね。

そんな暖房の光熱費をおさえるには、家の断熱性能をあげる必要があります。
たとえば当社では、外壁材には断熱性能の高い「パワーボード」、窓には特殊金属膜に遮熱性能をプラスした「遮熱高断熱型Low-E複層ガラス」を標準採用していますが、実際にご入居されたお客さまからは「ぜんぜん寒くなくて、驚いた!」というお喜びのお声をたくさん頂戴しています。

また、断熱材には「アクアフォーム」を採用しているのですが、アクアフォームは現場で発砲させて、柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく充填することができるため、気密性がぐんとアップ!

気密性が高まれば“熱のロス”を防ぐことができ、より一層、光熱費削減効果が期待できます。

当社では床暖房を標準採用しているのですが、「エアコンをつけなくても、床暖房だけで十分!」と、嬉しいお声もたくさんいただいています。

断熱性能は、夏にもその威力を発揮します。
エアコンで冷えた空気を逃さず、快適な室内環境を維持。冷房効果を高め、光熱費の削減が期待できます。

詳しくは、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です