はじめての家づくり。予算はどうやって考えればいい??

こんにちは、厚生住宅建設の中川です。

家づくりを考えるとき、多くの方が頭を悩ませるのは“予算”のことではないでしょうか?

 

家づくりは、人生ではじめてのこと。
「何からどうやって決めていいのか、さっぱりわからない」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

そんなみなさまにまずお伝えしたいのは、予算は「足し算ではなく、引き算」で考えていただきたいということ。
まずは総予算をしっかり決め、それをどう配分していくか?という流れで考えていくことが大切です。

家賃を支払うだけの賃貸住宅とちがい、マイホームの場合はローン以外にも必要な経費がたくさんあります。
固定資産税もそう、ローンの金利もそうです。

また、家は建てて終わりではありません。
10年、20年たてば、かならずメンテナンスが必要になってきます。
将来、家族が増えるかもしれません。
お子さまはいつか、大学などに通うようになります。

「今、家賃を8万円払っているから、ローンも月々8万円支払っていける」
このように安易に考えてしまうのが、もっとも危険なこと。

将来を見据えて、信頼できるライフプランナーに相談しながら家づくりの総予算を決定されることをおすすめします。

そうやって総予算が決まってはじめて、家のこと、土地のことに落とし込んでいきます。

住む場所を重視するのか、建物を重視するのか。
はたまた、どっちも妥協したくないのか。
ご希望によって、予算の配分も違ってきます。

お話をじっくりとお伺いしながらご予算をふまえたワクワクするようなプランをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です