心身ともに健康的に暮らせる家づくり〜住まいの梅雨対策〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

とうとう、梅雨の季節がやってきましたね。
どんよりとした天気が続き、ジメジメとしてなんだか気分もスッキリしない…。

そんな梅雨を少しでも快適に乗り切るためには、住まいの湿気対策が大切です。
室内の湿度が高いとカビも生えやすくなり、ダニの発生・繁殖にもつながります。そしてそのカビやダニは、アレルギーの原因になるともいわれています。

湿気対策におすすめなのは、当社のモデルハウスにも標準採用している「エコカラット」。

エコカラットは、湿度が高いときには湿気を吸収し、乾燥すると湿気を放出してちょうどいい湿度を保ってくれるという壁材です。消臭機能も兼ね備えているため、ニオイのこもりやすい玄関や、ペットのニオイ対策などにもおすすめです。

 

梅雨時期に限らず、一年を通して室内干しの機会が多いというご家庭であれば、あらかじめ“室内干し専用スペース”を設けておくのもいいですね!
つくる場所は、来客があっても目につかない2階部分が◎。
雨の日はもちろん、花粉や黄砂の飛散が多い季節の室内干しにも大活躍です。
洗濯機を2階に設置すれば、よりスムーズな家事動線が実現しますよ!

また、湿気がこもらないお家にするためには、風通しが重要です。
風通しを良くするには、なんといっても窓の数がポイント!窓が多いのも当社の家の特徴の一つなのですが、一般的な建売住宅の場合は窓の数が20〜25個なのに対して、当社では30〜35個程度を標準として、外観のデザインを考慮しつつ、最適な窓の数や大きさ、配置をご提案しています。

一年中快適に、健康的に暮らせる家づくり。一緒に考えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です