おさえておきたい!家づくりで忘れてはならない火災保険のこと〜初級編〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

「火災保険」という言葉。
みなさんも、一度は耳にされたことがあると思います。
でも、詳しいことはわからない……。
そんな方も多いことでしょう。

賃貸住宅でも住宅を購入しても、必ず火災保険に加入することになりますが、よくわからないまま「勧められたから加入した」という方も多いと思います。

購入した住宅が全焼して住む家がなくなってしまったのに、住宅ローンは支払い続けなければならない……。
そんな悲しいことが起こってしまっては大変ですよね。

そうならないために加入するのが、火災保険です。

家が火災で被害を受けたときに補償してくれる火災保険は、建物だけでなく、家具や家電なども補償の対象です。
火災被害だけでなく、自然災害や日常生活被害なども補償範囲となります。

火災被害=火災・落雷・破裂・爆発
自然災害=水害・風災・雹・雪災
日常生活被害=水漏れ・盗難・破損・汚損

火災保険は、商品によって補償される範囲は異なります。
特約などをつけることで、補償範囲はさらに広がります。

そのため、お客様の住まいの状況やニーズにあった必要な補償を選ぶことが大切。
火災保険のご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡くださいね!

わがまち香里園が「本当に住みやすい街大賞2018in関西」第8位に!

こんにちは、厚生住宅建設の鈴木です。

厚生住宅建設は、大阪府寝屋川市の「香里園」という街にあります。

私は寝屋川市民なので昔の香里園もよく知っているのですが、どんどん住みやすい街へと変わっているなと実感しています

そんな香里園ですが、このたび、国内最大手の住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」の膨大なデータをもとにして、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと決定された「本当に住みやすい街大賞2018in関西」で……

なんと、堂々の第8位に選ばれたんです!
https://magazine.aruhi-corp.co.jp/0000-1493/

 

「本当に住みやすい街大賞」は、単なる“理想”ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から「発展性」や「住環境」、「交通の利便性」、「コストパフォーマンス」、「教育・文化環境」という5つの基準で選ばれるもの。

たしかに香里園は、本当に住みやすい街だと思います
たとえば、香里園駅は京阪本線の快速特急と特急以外のすべての電車がとまって、京橋へは約15分、淀屋橋へは約22分で到着。京都市内へも大阪市内へも30分ほどで行けて、通勤・通学に困りません。
個人的な感想としては、ほかの電車に比べて京阪電車は事故やトラブルでの運休が少ないような……??

また、とにかく飲食店がものすごく充実しているんです。ご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりするのにまったく困りません。

スーパーも、万代、ライフ、トップワールド、サンディ…と選び放題ですし、アル・プラザやジョーシン、ホームズ、ユニクロなども。最近、ドン・キホーテもできたんです!

駅前には銀行、スターバックス、TSUTAYA、駅ナカにはフレッシュネスバーガー、ケンタッキーフライドチキンがありますし……挙げればキリがないほど、とにかくなんでも揃っています。

今回のランキングには、住人の方々のお声も掲載されているのですが、リアルな暮らしぶりが垣間見れて、本当に住みやすい街なんだなと改めて実感できました。

ぜひ、住まい探しの参考になさってくださいね!

知って得する!! 家づくりの豆知識 〜住宅ローン減税って一体何? 拡充されるって本当??〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

住宅ローン減税(控除)」という言葉、耳にされたことのある方も多いと思います。

でも、お家を購入された方でなければ直接関係することではないため、実際には、詳しいことはわからない……そんな方も多いはずです。

そこで今日は、ローンを組んでお家を購入されるご予定の方には必ず知っておいていただきたい、住宅ローン減税についてご紹介したいと思います

住宅ローン減税(控除)とは、住宅ローンを利用してお家を購入した場合、ローンの一部に相当する金額が所得税や住民税から控除されるという制度です。

今回、10月の消費税増税を控え、その住宅ローン減税が拡充されると発表されました。(2018/12/11 12:02日本経済新聞 電子版より)

10%への引き上げにともなう駆け込み需要やその反動減をおさえて景気を下支えする狙いで、住宅ローン減税を受けられる期間が現行の「10年」から「13年」に延長され、10年目までは現行と同じく「ローン残高の1%」、11年目以降は「建物価格の2%相当」が控除されるようになります。

対象となるのは、
注文住宅の場合、19年4月以降の契約かつ10月以降の引き渡し物件
建売住宅・マンションの場合、19年10月以降の引き渡し物件
で、いずれも20年末までに引き渡される契約に限ります。

このほか住宅購入の支援策として、「すまい給付金」も拡充予定。
現在は、年収510万円以下の人に最大30万円が支給されていますが、10%への引き上げ後は、年収775万円以下の人を対象に最大50万円が支給される予定です。

また、2015年に実施された「住宅エコポイント」を参考に、省エネ性能の高い住宅などを対象として新築や改築時にポイントを付与する制度も導入されるとのこと

「増税前に家を買うべきか……」と迷われている方もいらっしゃるかと思いますが、マイホームはその先何十年と暮らしていく大切なものです。

このように支援策も拡充される予定ですので、増税するからと焦ることなく、じっくり検討されることをおすすめします。夢の実現に向けて大切な心構えです!

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

「この指とまれ!!」未経験者歓迎!厚生住宅建設ではスタッフを募集しています

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

先日からホームページにも掲載させていただいている通り、当社では一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。(https://www.koseijutaku.co.jp/img/recruit.pdf

募集する職種は、
営業アシスタント
住空間コーディネーター
現場管理・施工監理
です。

未経験の方も大歓迎!研修制度がありますので、安心してチャレンジしてください。
今、一緒に仕事をしているメンバーも、まったくの未経験で入社しました。
住宅関連の仕事なんて、難しそうで自信がない……。
そんな方にも、ぜひチャレンジしていただきたいと思います

私の持論ですが、人は誰しも、まだ自分でも知らない潜在能力があると思うんです。
新しいことにチャレンジして、もっと世の中の人のために、その能力を使ってみませんか?

人は皆、なんのために仕事をするのでしょうか。
「お金のため」という人も多いでしょう。
でもそれは、単なる“手段”ですよね?

“目的”は、「幸せになりたいから」ではないでしょうか。
幸せの価値観は人それぞれで違うけれど、幸せになりたいという思いは皆同じ。
では、どうやったらその幸せを感じられるのか…。

人は皆、この世に必要とされ生まれてきたのだと私たちは思っています。
だから、自分に与えられた能力を使って人に喜んでもらうことで、最も幸せを感じられるんじゃないか。最終段階として目指すのは、そこだと思うんです。例えば親孝行もそうですよね?

人に喜んでもらってお給料をいただける・・・そんなに素敵な仕事はないですよね?

マイホーム購入というのは、結婚、出産に続く人生の3大イベントです。
私たちの仕事は、そんな人生における最高に幸せな瞬間に携わらせていただく素敵な仕事。
人の幸せを、もっともっと幸せにして、自分たちが幸せを感じられる。
そんな仕事です。

この想いに共感してくださる方と一緒に働きたい。
そう思っています。さあ一緒に「この指とまれ!!

ご質問があれば、お電話でもメールでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいね!
お電話:0120-57-0077
メール:info@koseijutaku.co.jp

 

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設の鈴木です。

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中から抜粋してご紹介させていただきます。

■八幡市M様ご家族
厚生品質最高!!

結婚を機に、主人が住んでいた家を建て替えることになりました。
はじめての家づくりで、何からはじめていいのかわからず、何もかも漠然としていましたが、厚生住宅さんのモデルハウスを拝見して、「全てをお任せしよう!」と決心。何も悩むことはありませんでした。また、入江社長にお会いして、お話を聞いて、信頼できる会社だと確信しました。

スタッフの皆様には親身になって対応していただき、無理なお願い(特にお任せ)も快く引き受けてくださり、大変感謝しています。
白い紙に書かれた間取りが実際にカタチになり、デザインも機能も想像以上の仕上がりで、毎日感動しています。

入江社長はじめ、スタッフの皆様には毎回笑顔で迎えていただきました。
厚生住宅さんとお付き合いさせていただいてから、サービスに対して目が肥えてしまったように思います。
また、自分の仕事に対しても考えさせられるきっかけになりました。

皆様のご親切と、素晴らしいお家を建ててくださった現場の方々に、心から感謝申し上げます。

>>M様、アンケートへのご協力ありがとうございました!
みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

あけましておめでとうございます。
おかげさまでスタッフ一同、健やかに新年を迎えることができました。
みなさまにおかれましても、よき新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

昨年は、人生でいう「上り坂、下り坂、まさか」の「まさか」がたくさんあった年でした。

昨年までの当社は、その「まさか」に対応できる力が不足していたと痛感しております。本当に数々の悔しい思いをしました。
どんなシチュエーションでも、その「まさか」にしっかり対応できるような底力をつけていきたい。そう強く感じた年でした。

今年は、「平成」が終わり新たな時代が幕を開けます。
今一度、しっかりと足元を見直して、揺るぎない気持ちで、この地元・香里園を盛り上げていきたい。スタッフ一同、その誓いを新たにしております。

家づくりを通じて人様のお役に立てるよう、地に足をつけて、力をあわせて躍進して参ります。今後とも、変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

本年もみなさまがご健勝でご多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。

SNSランキング発表♪今年も1年、ありがとうございました!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

当社は今年の1月から、FacebookやInstagramなどSNSを通じての情報発信をスタートいたしました。

家づくりに関する情報だけでなく、時には私の愛犬まで登場させていただきました。1年間、あたたかく見守っていただきまして本当にありがとうございます。

ちょうど1年が経ちましたので、どんな記事がみなさまに多く見ていただけたのかを調べてみたところ……

第3位
一級建築士・廣瀨先生のご紹介
(https://koseijutaku.co.jp/blog/2018/06/29)

 

第2位
入江コラム〜富士山登頂編〜
(https://koseijutaku.co.jp/blog/2018/08/23)

 

そして、栄えある1位は……

第1位
入江コラム〜仕事への思い編〜
https://koseijutaku.co.jp/blog/2018/01/30

でした!

 

スタート前に想定していたよりもたくさんの方にご覧いただいて、スタッフ一同大変嬉しく思っています。
これからも、みなさまのお役に立つ情報をお届けしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

今年は、地震や台風をはじめ、本当にいろいろなことがありました。
来年は、いい年になるしかありません。

 

厚生オーナーのみなさま、パートナーのみなさま、関係者のみなさま、今年も1年、大変お世話になりました。感謝、感謝でございます。本当に、ありがとうございます。
そして、スタッフのみんなもありがとう!!

来年も、厚生住宅建設をどうぞよろしくお願い申し上げます!

厚生住宅建設のパートナーを紹介します!〜大工・中尾 裕一氏〜

こんにちは、厚生住宅建設です。
当社は、たくさんのパートナーの皆さんに支えられながら、一棟一棟のお家を建てています。
今日は、そんなパートナーのうちの一人、大工さんの中尾 裕一氏をご紹介したいと思います。

 

Q. 厚生住宅建設との出会いは?

A. 大工をはじめたのが13年前。まだ何もわからない弟子の頃から、厚生住宅建設様にはお世話になっています。
仕事を学んだのも、厚生住宅建設様のお仕事を通して。独立して最初に携わらせていただいたのも、厚生住宅建設様のお仕事でした。

 

Q. お仕事に対するこだわりは?

A. その場その場で場当たり的に考えるのではなく、仕事内容をしっかり頭に叩き込んでおくことが大事だと思っています。現場では、イメージ通りにスムーズに、きっちりと仕事を進めていくことが私のこだわりです。

 

Q. 厚生住宅建設の魅力は?

A. 厚生住宅建設様の家は、ほかの工務店さんの家に比べても、非常によく考えられたこだわりのある素晴らしい家です。
大工としても、非常に難易度の高い仕事をさせていただいていると思っていますし、毎回、気持ちが引き締められる思いです。

 

Q. 印象に残っているエピソードは?

A. 入江社長に連れていってもらえるご飯が、もう美味しくて美味しくて最高なんです。また是非!いつでも!!
→ゆうさん!!ファンの一人です!またご飯行きましょう!!(入江より)

 

ゆうさん!暑い中、寒い中、いつもいつもありがとうございます!
これからも、よろしくお願いいたします!

年末年始休業日のお知らせ

年末年始休業日 12/26(水)~1/7(月)

1/8(火)より通常営業になります。

子育てを卒業したあなたに贈る、「大人なリノベーション」

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今回、当社で新たな商品ブランドをつくりました。

それは何かというと……
50代からのリフォーム大人なリノベーション」です。

子育てもひと段落し、お子様も独立しはじめる50代。
これまでは子育てが中心だった生活も、夫婦だけの、自分たちらしい暮らしに目を向ける余裕も少しずつ出てくる頃ではないでしょうか

 

子育ての忙しさを考えて、使い勝手ばかりを追求してきたキッチン。
どうせ傷がつくからと、傷のつきにくさを優先して子供が大きくなるまでと我慢して使用したフローリングや壁紙。

 

でもこれからは、そんなことを考える必要はありません。
おしゃれさや自分らしさを追求し、ビジュアルだけではなく風合いに優れた素材にこだわったり。

例えば、手すり一つつけるにも、デザイン性に優れた商品が数多く販売されています。
「ウッドワン」の黒の鉄と無垢の木で形づくられたキッチン“KUROMUKU”は、シンプルながら高級感があり、大人だからこそ選べるキッチンだと思います。

 

「古いところ直す」だけではなく、ちょっと贅沢に、暮らしの質をあげるリフォーム。
大きく変えるのではなく、ちょっとしたところにこだわってみる・・・
子供や孫たちもうらやむような暮らし方にギアチェンジしていく・・・

それが「大人なリノベーション」です。

 

子育てが終わってホッとした反面、さみしい気持ちもある。
そんな時期だと思います。だからこそ・・・暮らしを進化・新化・神化させる!

まずはキッチンを変えてみようか。
趣味の部屋をつくりたいな。
孫が遊びにくるようになったら、庭にプールを置けるような場所をつくろうか。

計画を立てて、少しずつリフォームを進めていけば、新しい人生の楽しみ方の一つになるのではないでしょうか。