厚生住宅建設の現場のこだわり〜棟上げ後の養生〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

当社では棟上げの後、ブルーシートでお家全体を“ラッピング”します

これは、木材に1滴も水がかからないようにするためです。

 

もし、上棟直後のお家を見かけたらよく観察してみてください。

通常、家の周囲はシートで覆いますが、当社のように屋根の上から全体を覆っている業者さんは“ほぼゼロ”といってもいいと思います

当社が使用している木材は、「乾燥材」というものです。

乾燥材とは、一定の水分含有量以下になるようあらかじめしっかりと乾燥させた木材のことで、曲がったり反ったりすることが少なく、優れた強度をもつ建築材料です。

 

木は濡れると膨張して、乾燥すると縮みます。

せっかくしっかり乾いた木材を使用しているのに、雨などで濡らしてしまうことによって、木造住宅で多く耳にする“クロスの隙間”や“建具のガタつき”といった不具合の原因の一つにもなりかねません。

 

お客様の不安要素を最小限にしたい

その思いから、養生の徹底を行っています

 

お家をまるごとラッピングしてしまうわけですから、真夏は中が“蒸し風呂”状態になります。施工に当たってくれるパートナーたちには非常につらい思いをさせて申し訳ないと思っています…。

ですが、当社のパートナーたちは、当社の思いに共感し、文句の一つもいわず施工に当たってくれています本当にありがとうございます!

 

これからも、お客様の快適・安心な暮らしのために、一つひとつの仕事にこだわり抜いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です