厚生住宅建設のスタッフを紹介します!〜経理担当 入江 美樹〜

こんにちは、厚生住宅建設です。
今日は、当社の経理担当、入江 美樹を紹介したいと思います!

Q. なぜ厚生住宅建設に?

A. 30年勤務された前任の経理担当の方が定年退職されるということで、子育ても一段落し、毎日“ヒマ”している私に、夫である社長から強制労働の命令が下りました(笑)。
というのは冗談ですが、少しでも厚生住宅のお手伝いができればと思い、“お気楽”生活から“脱楽”することにした次第です。

 

Q. 実際に入社してみて?

A. 経理という仕事に携わったのがはじめてで、右も左もわからず、まったくゼロからのスタートでした。税理士さんに聞いたり、過去の書類を見返したり、一つの作業を進めるのにもすごく時間がかかっていましたが、久しぶりに仕事をするということがとても楽しくって。ゼロから一つ、また一つといろんなことができるようになって、あっという間に毎日が過ぎていくような感覚です。

 

Q. 仕事内容は?

A. 現金の出納管理・伝票入力・給与計算・お取引先様への支払い・売買物件管理…お金にまつわることはすべて担当しています。

 

Q. 心がけやこだわりは?

A. 「限られた時間でどれだけやりきれるか?」ということ、また、周りの方々への感謝を忘れないということをいつも心がけています。

 

Q. やりがいや喜びを感じるのは?

A. 月に一度、月次決算の処理のために来社いただく税理士さんから宿題を出されるのですが、その宿題に向き合っているときにはやりがいを感じますし、金額の合計があったときは毎回嬉しい気持ちになります。
何より一番喜びを感じるのは、お客様の笑顔が見られた時です。お客様と直接かかわる機会は少ないのですが、お家が完成した時にカメラマンさんに撮影いただくお写真を通じて、ご家族の素敵な笑顔を拝見するのが毎回楽しみですし、何より嬉しい瞬間です。

 

Q. 休日はどのように過ごしていますか?

A. 午前中は、テニスで思いっきり汗をかいて、夕方からは、子どもたちの習い事の送迎で走り回っています。休日なのに、ゆっくり休めない…ですが、子どものために何かをしてあげられるのは今だけなので、移動の車中で子どもとの会話を楽しんでいます。女子ばかりで、かなりうるさいですが(笑)。

 

Q. 今後の目標は?

A. 企業永続に向けて、まずは3年後の 50周年を無事迎えられるように、少しでも貢献できたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です