ストレスフリーな家事が叶う家づくり 〜キッチン編〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

「毎日の家事をできる限り“ラク”にしたい」
これは、主婦のみなさんに共通の切なる願いですよね!

前回は、洗濯がラクになる家づくりについてご紹介しましたが、今回は「キッチン編
」です♪

家事のしやすさを左右するのは、なんといっても“動線”です。

たとえば、扉のないパントリーがキッチンの横に繋がっていて、その奥に勝手口があるというレイアウト。無駄のない動線で、必要なものをスッと取れてゴミ出しも楽々なんです♪

このレイアウトを採用したモデルハウスをご購入いただいたお客さまから、「ものすごく使い勝手がいい!」というお声を頂戴しました。

 

また、キッチンで大切なのが、収納です
パントリーのつくり方はもちろん、床下収納もとっても便利!

保存水などの備蓄品や、食料品・調味料などのストックのほか、温度が一定なので、漬物などの保存場所にも最適です。最近流行りのサバ缶も、ここに収納するといいですね!

そのほか、ゴミ箱の置き場所に困るというお声も耳にします。

「ゴミ箱は生活感が出るから見せたくないし、だからといって隠せるスペースもない…」
そんな方にオススメなのが、ゴミ箱収納用の空間があるカップボードです。
ゴミ箱の定位置を決めてスッキリした空間をつくることで、家事もはかどりますよ♪

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ジメジメのお悩み解決!住まいの梅雨対策「エコカラットプラス」

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

いよいよ、梅雨の季節ですね。

そこで今日は、住まいの梅雨対策についてご紹介したいと思います。

あのジメジメとした 梅雨時期の“湿気”対策には、調湿効果のあるタイル「エコカラット(プラス)※」がオススメです。

ご存知でない方のために、「エコカラット」について改めてご紹介したいと思います。

エコカラットは調湿効果のあるタイルで、湿度が高いときには湿気を吸って、乾燥するときには湿気を放出してくれるという優れもの。
その効果は、珪藻土の約6倍、調湿壁紙の25倍以上といわれています。
デザイン性の高さもその特徴で、おしゃれな壁材としてリビングに採用される方が多くいらっしゃいます。

エコカラットには、脱臭効果も!
そのため、ニオイのこもりやすい玄関やトイレに採用される方も多く、もちろん、洗濯物の部屋干しにもおすすめです!

当社2階のトイレにも、エコカラットを貼っています。
お越しいただいた際には、ぜひご覧になってください。

また、当社にお越しいただいた方には、エコカラットのミニサンプルをお渡ししています。
このサンプルを濡れた靴の中に入れておくと、その部分だけカラッと乾くんです。
ニオイ対策にもなるので、部活で使う靴などに入れるとその効果は歴然!
ぜひ、エコカラットの効果を体感してみてくださいね♪

※2019年3月1日受注分から、全商品がエコカラットプラスにグレードアップされました。価格据え置きで、清掃性が向上しています。

「大人な家GT」プロジェクトが、ついに動き出しました!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今回は、昨年始動したプロジェクト「大人な家GT(Garden Terrace)」の第1弾をご紹介いたします!

 

K様邸

4年ほど前の建物引渡当初は将来のメンテナンスを考えて、何もしないで無機質な土間コンクリートのままで良いとK様より要望がありました。

しかし、日々の生活の中で暮らしにアクセントをつけたいという希望が生まれ、そこで京都好きのK様にご提案させていただいたのがこの紅葉を楽しめる和テイストのプチ庭園

玉砂利・飛び石・竜の髭、灯籠などを組み合わせ、少しのスペースでもこのようなプライベートな癒し空間を実現できました

K様には、とても満足していただきました。

 

M様邸

私の尊敬する地元の先輩M様のご実家が、昨年の台風21号で大変な被害に遭われました。普段なら、山手で見晴らしの良い高台で眺望も最高なのです。 

しかし、見るも無惨な状態になってしまいました。

補修するか? はたまたリノベするのか?

現地打合せの末、思い切ってリノベーションの方向性へとプランが進み出しました

最初は敷地に高低差があり足場も悪く、完成をイメージするもどうなるのかと感じていました。

ここはこの方が良いのでは、いやもう少しすっきりさせた方がいい、BBQができるスペースが欲しいなど、ご希望に添えるよう試行錯誤を繰り返していましたが、協力パートナーN社長からのアドバイスのおかげで、見違える表情に変わりました

これはリノベーションなのか、まさかのイリュージョン??

感動の完成を迎え、先輩にもとても満足していただけました。

このお庭でBBQする時、呼んでもらえたら嬉しいなあ。というひとりごと(^_^)

ご家族の愛にあふれる家づくり。一生懸命サポートします!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

私たちは、日々お客様のマイホームづくりをお手伝いさせていただいていますが、ひとつとして同じお家ができあがることはありません。
そこにはご家族それぞれの物語、ドラマがあり、味わったことのないような“家族愛”を感じられることもしばしば。家づくりを通して素晴らしい時間を共有させていただいていると、いつもありがたく感じています。

 

最終的には、ご家族の想いがギュッとひとつにまとまって、それぞれに最高に素敵なお家が完成するのですが、そこに至るまでにはもちろん紆余曲折も……。

ご主人と奥様、そしてお子様のそれぞれがこだわりをお持ちで、たとえば、「玄関の開き方を右と左のどっちにするか?」などという細かな部分ひとつとっても、意見がぶつかりあいます。
そして、話が一向に進まなくなってくると、「どっちがいいと思いますか?」と意見を求められるのが私たち。
家づくりに正解はありませんので、「こっちです」とお答えできないのが難しいところなのですが、そんな時は、第三者の視点をもって冷静に、「どうやって考えればいいか?」というポイントをお伝えするように心がけています。

 

たとえば、「ガレージが玄関を出てどちらにあるか。それもひとつの決め手になりませんか?」といった具合。少しでも考えがまとまりやすく、決めやすくなるヒントのようなものをお伝えしていくことが、私たちの役目だと思っています。

また、人が来るときのことを考えて、「おしゃれで豪華なリビングにしたい」というご要望もよくお聞きします。
もちろん、毎週のように来客があるというお家であればそのような視点も大切ですが、年に数回の来客のことを考えてリビングをつくるのは本末転倒ですよね。

 

家づくりで一番大切なのは、ご家族がいかに快適に、幸せに暮らせるかということ。
その目的さえ見失わなければ、ご家族それぞれが満足のいく家づくりになるはずです。
そして、ご家族が道に迷うことなく、その目的に向かって突き進んでいけるようサポートするのが私たちの仕事。

 

家族みんなが幸せに暮らせる家づくり、一緒に叶えていきましょう!

世界トップレベルの断熱性能を体感!旭化成建材「快適空間ラボラトリー」体験レポート

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

先月はじめのこと。

早朝6時30分に家を出て新幹線で東京へ、さらに茨城県まで片道約5時間かけて旭化成建材の「ネオマワールド 快適空間ラボラトリー」へ行ってきました。

何のために?

そりゃあもちろん、「大人な家」のバージョンアップを検討するためです!

現地には「展示棟」と「体感棟」があり、実際に宿泊体験もできるようです。

体感棟では建物に入り、実際に断熱効果を実体験してまいりました。

エアコン1台で真夏も真冬も快適温度で過ごせる、地球にも財布にも優しい断熱材でした。

当社では現在、旭化成建材の商品は外壁材「ヘーベルパワーボード」を標準採用しています。

昨年、関西地方に大きなダメージを与えた地震や台風でしたが、幸いにして弊社の「大人な家」は特に影響されることもありませんでした。

私たちは昨年より全棟耐震等級3、耐風等級2を目指すことと、

時代とともに変化する住宅事情に対応することに注力し、

さらなる安心と喜びを創り出していこうと思います。

帰り道には、銀座をプチ散策。

華やかな東京気分を味わいながら帰路につきました。

子育てを卒業したあなたへ贈る50代からのリフォーム「大人なリノベーション」

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

2010年からスタートし、おかげさまで多くの方にご好評いただいている「大人な家」。
このたび、それにつづく“大人な”シリーズ第2弾「大人なリノベーション」の商標登録が完了しました!

そこで今日は、改めて「大人なリノベーション」についてご紹介させてください。

大人なリノベーションは“50代からの”リフォームですので、48歳の方は申し訳ございません、あと2年お待ちください(笑)。

これは半分冗談、半分本気なのですが、家を新築されたときにはまだ小さかったお子様が結婚されたり独立されたりして、もう一度、夫婦二人暮らしが始まるのがちょうど50代。

新築したときは子育て真っ盛りで、子育てに追われるなかで洗濯も掃除も炊事もしなきゃ……と、便利さを重視した家づくりだったという方も多いと思います。

でも夫婦二人暮らしになったら、自分たちだけのペースで暮らせるようになりますね。
もう一度、新婚生活がはじまるんです。

家事をする場所、頻度も変わってくるでしょう。
使わなくなった部屋を全く別の用途で使えるようにしてみたり、リビングに書棚をつくって、趣味を楽しめるスペースにしてみたり。
お家でカフェをやろうかな。そんな夢の実現ももちろん可能。
これが、「大人なリノベーション」です。

お庭をリフォームしてウッドデッキをつくれば、お孫さんが遊びにきても楽しめますよね。
「ディズニーランドじゃなく、おじいちゃんおばあちゃんの家に行きたい!」
そう言ってもらえる家って、最高じゃないですか?

私も50代です。だから、わかることがあります。
シニア世代の夢物語。一緒に叶えていきましょう!

暮らしにぴったり!こだわりの空間づくり〜収納編〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

家づくりにおいて、収納スペースはとっても大切な要素。
収納のつくり方一つで、暮らしやすさが大きく変わります。

そこで今回は、当社がこれまでに建てさせていただいたお家の中から、お客様のこだわりがつまった収納スペースをご紹介させていただきます。

まずは、玄関ホール横のシューズクロークです。
靴だけでなく、ご家族それぞれの趣味のものもしまえてとっても便利!
ちょっとしたハンガー掛けは、ぬれた雨具や洋服を掛けておくことができます。
大容量で使いやすい玄関収納を設けておくことで、散らかりやすい玄関もいつもスッキリ片付きます。

次に、トイレの収納です。
階段下を有効に活用して、トイレ内部に収納を設けました。スッキリ広々とした空間になり、開放感を与えてくれます。

そして、洗面所の収納です。
飾って・スッキリ収納!壁面に棚を設けて、スペースを無駄なく有効活用しています。

最後は、キッチンです。
キッチンからつながるパントリーは大満足の収納力で、見た目もスッキリ!
毎日の家事が楽しくなりますよ♪

このほか、当社の建てたお家は以下のページからもご覧いただけます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

子育てを卒業したあなたに贈る、「大人なリノベーション」

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今回、当社で新たな商品ブランドをつくりました。

それは何かというと……
50代からのリフォーム大人なリノベーション」です。

子育てもひと段落し、お子様も独立しはじめる50代。
これまでは子育てが中心だった生活も、夫婦だけの、自分たちらしい暮らしに目を向ける余裕も少しずつ出てくる頃ではないでしょうか

 

子育ての忙しさを考えて、使い勝手ばかりを追求してきたキッチン。
どうせ傷がつくからと、傷のつきにくさを優先して子供が大きくなるまでと我慢して使用したフローリングや壁紙。

 

でもこれからは、そんなことを考える必要はありません。
おしゃれさや自分らしさを追求し、ビジュアルだけではなく風合いに優れた素材にこだわったり。

例えば、手すり一つつけるにも、デザイン性に優れた商品が数多く販売されています。
「ウッドワン」の黒の鉄と無垢の木で形づくられたキッチン“KUROMUKU”は、シンプルながら高級感があり、大人だからこそ選べるキッチンだと思います。

 

「古いところ直す」だけではなく、ちょっと贅沢に、暮らしの質をあげるリフォーム。
大きく変えるのではなく、ちょっとしたところにこだわってみる・・・
子供や孫たちもうらやむような暮らし方にギアチェンジしていく・・・

それが「大人なリノベーション」です。

 

子育てが終わってホッとした反面、さみしい気持ちもある。
そんな時期だと思います。だからこそ・・・暮らしを進化・新化・神化させる!

まずはキッチンを変えてみようか。
趣味の部屋をつくりたいな。
孫が遊びにくるようになったら、庭にプールを置けるような場所をつくろうか。

計画を立てて、少しずつリフォームを進めていけば、新しい人生の楽しみ方の一つになるのではないでしょうか。

大工紹介&上棟式。大切なマイホーム、安心してお任せください!

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

厚生住宅建設では、上棟が終わって1週間から2週間の間に、お施主様と棟梁との顔合わせの日として「大工紹介日」を設けさせていただいており、棟上げまで工事が終了したことに対する感謝の思いと、無事に建物が完成することを祈願する儀式を執り行います

●棟梁が棟木に弊串をたてる(御幣)
神道、心でもある。八百万の神、自然や自然現象などにもとづく多神教。自然と神とは一体として神と人間を結ぶ具体的作法
●棟札には施工会社・お施主様のお名前

●建物の四方にお清めの塩・米・酒をまきます(四方固めの義)
●祭壇に向き二拝二拍一拝します

●お神酒を出席者全員でいただきます
●お施主様より棟梁・現場監督へ御祝儀お渡し

 

これから、ご家族の夢であるマイホームを棟梁に託す大事な日でもあり、「どんな人が自分の家を建ててくれるのか?!」と、お施主様はとても不安に思われていると思います。
そのため当社では、安心してお任せいただけるよう棟梁・現場監督とのお顔合わせ、お打ち合わせを設定させていただいております

 

入江社長が棟札に祝いの一筆

 

お施主様もお名前を一筆

 

お施主様へ、構造・間取りの説明をしながらのお打ち合わせ

家づくりは、厚生住宅建設のスタッフ&パートナーにどうぞ安心してお任せください!

お客様を虜に?!成田南町「大人な家」モデルハウスの人気の秘密とは

こんにちは、厚生住宅建設です。

当社では現在、成田南町の「大人な家」モデルハウスを公開中なのですが、

実はこちらのお家、これまでに類を見ないほどご好評いただいているんです。

 

その人気の秘密はなんなのか。今日は改めて考えてみたいと思います。

 

まず一つ目の特徴は、玄関を入って正面の扉を開けたところにあるフロントクローク。

 

このフロントクローク、とっても使い勝手がいいんです!

たくさん買い物をして帰ってきたときの一時的な保管場所としても重宝しますし、お子様のランドセルなどを置く場所としても最適♪

荷物がリビングに置きっぱなしになることもありませんし、次の日もそこからスタートすれば、忘れ物がなくなるかもしれませんね!

 

そして、一方の壁には洋服をかけられるフックがついています。

このフックは、特に冬場に大活躍なんです!

かさばるダウンなどを2階のクローゼットに持ってあがるのが面倒で、「とりあえず今だけ…」とソファやダイニングの椅子に置きっぱなしにしてしまうことはありませんか?

フロントクロークがあれば、帰宅して脱いだらサッとかけておくだけ!
次の日も、サッと羽織って出かけるだけです。

 

また、このお家の最大の特徴ともいっていいのが、無駄のないスムーズな動線。

玄関からフロントクロークを抜けるとキッチンに通じていて、その先には水回りを配置。水回りからリビングへ、そして、リビングから玄関へ…。
くるくると回りながら家事をこなすことができるので、家事の時短が実現します。

 

さらに、1階に無垢をふんだんに使っているのも魅力のひとつ。

素足で歩くと、そのさらっとした心地いい肌触りに驚かれること間違いなしですよ♪

リビングは、エコカラットのデザイン壁に間接照明を仕込むことで、おしゃれで落ち着いた空間に。天井の無垢の羽目板もやさしい雰囲気を演出していて、ソファに座りながら、「あぁ〜、落ち着くわぁ〜」とおっしゃるお客様が続出しています!

 

モデルハウスのご見学は随時受け付けております。

家づくりのご参考に、ぜひお気軽にご覧くださいね!