乞うご期待!3階建て「大人な家」モデルハウスが寿町に完成します!

こんにちは、厚生住宅建設の中川です。

当社では現在、寝屋川市寿町に新しいモデルハウスを建築中です。

なんと、今回建築しているのは、厚生住宅建設では珍しい3階建ての「大人な家」。
3階からの眺望が抜群です!

お家のイメージは、「シンプルかつスタイリッシュ」。
トイレの壁のアクセントにおしゃれなタイルを使用するなど、随所にこだわりをちりばめたステキなお家が完成します。

もちろん、当社標準装備のガス乾燥機「乾太くん」や床暖房もついているので、便利で快適な暮らしが実現します。

こちらのモデルハウスは、最寄りの香里園駅から徒歩10分圏内。
幹線道路も近く、通勤・通学などに便利な立地です。
しかも、真ん前にはスーパーが!
お買い物が便利で小学校も近いため、子育てファミリーに特におすすめしたいお家です。

完成予定は来年の2月頃。
現在は上棟も終わり、大工工事が大詰めを迎えています。

完成を楽しみにしていてくださいね♪

詳しくは、お気軽にお問い合わせください!
当社ホームページにも情報を掲載しています。

https://www.koseijutaku.co.jp/kotobukicho_c/index.html

 

今年は11月に広島へ 〜10回目の同窓会〜

こんにちは!厚生住宅建設の入江です。

毎年恒例となった研修仲間との10回目の同窓会。
仲間といっても、北は北海道、南は九州鹿児島の全国各地で日々頑張っている異業種の経営者と幹部。

ご当地の会社の経営方針を発表してもらい、それを異業種から見た角度でアドバイスを出し合う。とても良い意見やアイデアが生まれるそんな勉強会。

今回は約20名が広島へ集まりました。

そこで、当社と同業のデザイン建築会社の社長のお話を聞かせていただきました。

自社を“建築業”ではなく『とっておきの家づくり』事業と掲げ、会社一丸となりお客様一人ひとりのご要望を叶えるだけでなく、デザインや暮らし方にこだわりながらオリジナル提案をしておられるという、たいへん素晴らしいお話をしていただきとても勉強になりました。  
もちろん社長の熱い熱い念いは、私たちの心に響いたと共にさらなるパワーをいただけました。

人生一度きり。
仕事への価値観を共有し
夢をカタチに出来る力を持ち
愛ある言葉を発信し続け
人間力を高め
今以上に魅力のある会社づくりを目指していこうと思います。

来年は大阪開催のようなので、より一層気合いを入れなければ・・・。

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設の鈴木です。

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中から抜粋してご紹介させていただきます。

■枚方市F様ご家族
「出逢いに感謝」

 

勤めている会社の合併によって、5年あった社宅契約が突然1年のみとなり、2〜3年後に考えていたマイホーム購入を急遽決意することに。
ある日、道を間違えて偶然土地を発見したことが、厚生住宅さんとの出逢いです。

実際に打ち合わせが始まると、1日1日が本当に楽しかったです。
とても親切にしてくださり、たくさん無理をきいてくださりありがとうございました。

一生で一番大きな買い物をするのに、とても安心して任せることができました。
厚生住宅さんのような会社はないかもしれない……と思っています。
私の見る目がよかった!(冗談です。笑)
母の導きもあり、あの日ひとりで訪ねたのも本当にご縁だと思います。

家は完成しましたが、これからもどうぞよろしくお願いいたします!
ぜひ一度、自宅に招待させてください。

>>F様、アンケートへのご協力ありがとうございました!
みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

 

はじめての家づくり。予算はどうやって考えればいい??

こんにちは、厚生住宅建設の中川です。

家づくりを考えるとき、多くの方が頭を悩ませるのは“予算”のことではないでしょうか?

 

家づくりは、人生ではじめてのこと。
「何からどうやって決めていいのか、さっぱりわからない」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

そんなみなさまにまずお伝えしたいのは、予算は「足し算ではなく、引き算」で考えていただきたいということ。
まずは総予算をしっかり決め、それをどう配分していくか?という流れで考えていくことが大切です。

家賃を支払うだけの賃貸住宅とちがい、マイホームの場合はローン以外にも必要な経費がたくさんあります。
固定資産税もそう、ローンの金利もそうです。

また、家は建てて終わりではありません。
10年、20年たてば、かならずメンテナンスが必要になってきます。
将来、家族が増えるかもしれません。
お子さまはいつか、大学などに通うようになります。

「今、家賃を8万円払っているから、ローンも月々8万円支払っていける」
このように安易に考えてしまうのが、もっとも危険なこと。

将来を見据えて、信頼できるライフプランナーに相談しながら家づくりの総予算を決定されることをおすすめします。

そうやって総予算が決まってはじめて、家のこと、土地のことに落とし込んでいきます。

住む場所を重視するのか、建物を重視するのか。
はたまた、どっちも妥協したくないのか。
ご希望によって、予算の配分も違ってきます。

お話をじっくりとお伺いしながらご予算をふまえたワクワクするようなプランをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談くださいね!

寒い冬は光熱費がかさむ?! 光熱費をおさえる家づくりの秘訣とは?

こんにちは、厚生住宅建設の西村です。

11月も明日から後半。いよいよ冬本番が近づいてきました。

寒くなってくると気になるのが、暖房にかかる光熱費。
寒さは健康にも影響しますし、光熱費がかさむからといって暖房を我慢するわけにはいきませんよね。

そんな暖房の光熱費をおさえるには、家の断熱性能をあげる必要があります。
たとえば当社では、外壁材には断熱性能の高い「パワーボード」、窓には特殊金属膜に遮熱性能をプラスした「遮熱高断熱型Low-E複層ガラス」を標準採用していますが、実際にご入居されたお客さまからは「ぜんぜん寒くなくて、驚いた!」というお喜びのお声をたくさん頂戴しています。

また、断熱材には「アクアフォーム」を採用しているのですが、アクアフォームは現場で発砲させて、柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく充填することができるため、気密性がぐんとアップ!

気密性が高まれば“熱のロス”を防ぐことができ、より一層、光熱費削減効果が期待できます。

当社では床暖房を標準採用しているのですが、「エアコンをつけなくても、床暖房だけで十分!」と、嬉しいお声もたくさんいただいています。

断熱性能は、夏にもその威力を発揮します。
エアコンで冷えた空気を逃さず、快適な室内環境を維持。冷房効果を高め、光熱費の削減が期待できます。

詳しくは、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

友だちをまねきたくなる家、ホームパーティしたくなる家。

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

先月はハロウィン、来月はクリスマスと、なにかとイベントが多いこの季節。

お友だちを自宅に招いて、ホームパーティをされる方も多いと思います。

 

また、「いまの家では無理だけれど、マイホームを建てたらたくさん人を呼んでパーティをしたい!」と、思い描いている人も多いのでは?

 

当社で手がけさせていただいたなかにも、「こんなお家なら、人を招きたくなる!」というお家がたくさんあります。実際に、私たちスタッフをお招きいただくことも♪

 

たとえば、先日お邪魔させていただいたK様邸。

たくさんお友だちを招待したいということで、キッチンを対面ではなくあえて壁付けにされました。

そうすることで、キッチンスペースもリビングダイニングの一部として利用できるため、広々とした空間になるんです。

さらに、リビングに和室を隣接させるレイアウトも◎!

扉を開放すればリビングと和室がひと続きの空間になって、大人数の来客があっても十分なスペースを確保できます。

そのほか、来客が多いご家庭にとって重要なのは収納の作り方です。

たとえば、意外と忘れがちなのがモデムやルーターの置き場所。

最初から「この収納の中に置く!」と決めてLANジャックやコンセントをつけておくことで、ごちゃごちゃしがちな配線もすっきり隠すことができます。

これらはあとから移動することができないものなので、特に事前の計画が大切。

配線を隠してしまうことで、埃もたまりにくく、掃除も楽になりますよね!

このようにあらかじめ計画を立てて十分な収納を設けておくことで、後々タンスやキャビネットを買い足す必要もありません。

 

部屋自体の広さがあまりなくても、できるかぎりモノを少なくすることで空間をスッキリ広く使うことができるようになります。

 

ぜひ参考になさってくださいね!

 

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設の鈴木です。

 

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中から抜粋してご紹介させていただきます。

 

■寝屋川市S様ご家族

「最高の家〜ィ!」

部屋の割り振りや外壁の塗り替えについてなど、いろいろと考えるタイミングで、「新築もいいな」と選択肢のひとつにしていました。

 

そこで空き家や土地を探しているときに見つけたのが、厚生住宅さんののぼりだったんです。

 

何より金額的な面の心配が大きかったのですが、営業担当の方がなんとかローンを組めるように走り回ってくださったおかげで、無事に解決することができました。

 

ローン以外のことについても、いつも親身になって相談にのっていただき、とても助かりました。現場の大工さんたちも、みなさん温かく接してくださいました。

 

新居では、快適な生活を送れています。

営業担当の方をはじめ、大工さん、監督さんなどなど、携わってくださったみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

事務所へお伺いしたときも、いつもみなさん温かく迎えてくださり、親切にしていただきありがとうございました!

 

>>S様、アンケートへのご協力ありがとうございました!

みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

 

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

 

動線が決め手?! 家事ラクを叶える家づくり

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

私もはじめて知りましたが、先日の11月2日は「キッチン・バスの日」だったそうです。

 

家づくりにおいても、“キッチンをどうするか”は非常に重要なポイント。

キッチンを中心とした動線がスムーズかどうかで、暮らしやすさ、家事のしやすさが変わってきます。

たとえば、玄関からリビング、キッチン、洗面、そして玄関へ……と、ぐるぐる回遊できるような間取りにすると、とっても便利♪

どこにいても行きたい場所へショートカットできて、家事の時短が叶います。

またオススメなのが、玄関からキッチンへ行くまでの間にフロントクロークを設けるというアイデア。

たくさん買い物をして帰ってきたときの一時的な保管場所としても重宝しますし、もちろんパントリーとしても活用できて、キッチンに到着したときにはもう“手ぶら”の状態になっているんです。

フロントクロークにはお子様のランドセルをおいたり、フックをつけてコートをかけたりしてもOK!帰宅したらフロントクロークを通ってリビングに……という動線をつくっておけば、荷物がリビングに置きっぱなしになることがありません。

 

そして、“バス”といえば、最近のいち押しは大阪ガスの「ミストカワック」。お家で手軽にミストサウナが楽しめるガス浴室乾燥機です。

 

スタッフが大阪ガスのショールームで実際に体感してきたのですが・・・

ミスト自体は超微細で目には見えないのに、浴室に入ってみると10分で汗だくに!

体の芯からあたたまって、これからの冬の季節に最高のバスタイムを楽しめそうです♪

詳しくはこちらから→https://home.osakagas.co.jp/search_buy/heatingdryer/mistkawakku/index.html