マイホームに求める条件とは?土地の向きと日当たりの関係

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

マイホームを建てるとき、「これだけは、はずせない!」と思う条件はどんなものでしょうか?
立地でしょうか、広さでしょうか、周辺の環境でしょうか。

これまでたくさんのお客様にお話をお聞きし、「狭くてもいい」「駅から遠くてもいい」「多少、周りがうるさくてもいい」などとおっしゃる方は多いものの、「日当たりはよくなくてもいい」というお客様は、ゼロといってもいいと思います。

日当たりは、心身の健康に影響を及ぼすという研究結果も出ているほど。
どなたにとっても大切な条件です。

では、日当たりのいい家にするには、南向きの土地を選べばいいのでしょうか?
実は、一概にそうともいえません。
南向きの土地であれば、南側に玄関をつくることになり、その部分は必然的に日が当たらず暗くなってしまうんです。それって、もったいないと思いませんか?

逆に、北向きの土地の場合は、北側が玄関になります。そして、裏側、つまり南側が開くように建物を前に出せば、全面から光を採り入れることが可能になるんです。日当たり抜群のリビングが実現します。

南向きにこだわって土地を探される方が多いのですが、実は、向きにこだわる必要はないということ。
お家は、窓の数と設計次第で明るくつくることができるんです。
当社のモデルハウスも、向きはさまざまです。
実際にご覧いただいたお客様も、「これ、南向きじゃないんですか??」と驚かれるほど、どの向きでも明るいお家にすることが可能です。

これは持論なんですが、直射日光は入ってこないものの、朝から晩まで1年を通して安定した光が入ってくるのは北向きだと考えています。
東向きは、朝は光が燦々と降り注ぐけれど、昼からは暗くなってしまう。
西向きはその逆で、午前中は光が入ってこない…。

しかも、一般的に北向きの方が価格も安くなりますので、お買い得ということにもなりますね!

 

南向き、北向き、東向き、西向き…
いえ、“あなた向き”を探すのが、厚生住宅です!

暮らしにぴったりの家づくりを叶えましょう♪

またひとつ目標達成。富士山頂で、御来光を拝む。

私の人生目標のひとつ。
それは、日本一の山、富士山頂で御来光を拝むこと

先日8月4日・5日に、尊敬する経営者仲間と4人で初登頂チャレンジ。

朝7時に梅田集合。バスに乗り、いざ富士五合目へ。
17時30分、五合目を出発。

天候は快晴、この上ない絶好のコンディション。
20時30分、8合目着。既に身体は悲鳴をあげていた・・・。

少し仮眠をして、23時30分に頂上目指しスタート。
手でつかめそうなくらい近い星空、どんどん寒くなっていく。
次第に吐く息も白くなり、フリースやダウン、カイロまで。

そして4時、登頂成功。
ちょーしんどかったけど、仲間のサポートがあり何とかここまで。
念願の御来光を拝み、火口にも行けました。もう達成感ハンパない

帰り道、険しい山道を再度下りながら、心の底から「よく登る事ができたものだ」と何度も思った。きっと人生も、この登山のように“幸せ”という目標に向かって日々コツコツと登っていく
時には立ち止まったりして、現状を把握することもきっと重要である。

私は今回の富士登山で、一番大切な事を改めて知り得ました。
登頂へのチャレンジ、一人なら心が折れて諦めていた、夢で終わったかもしれない。
しかし、一緒に登る仲間がいたから成功できたと思う

きっと人生も同じ、日々周りの方に支えられて生かされている事を・・・
当たり前の毎日に、心から感謝です。

意外と知らないことが多い??住まいの防犯対策

こんにちは、厚生住宅建設です。

お盆休みは、どのように過ごされましたか?
ご家族で旅行に出かけたという方も多いことと思います。

長期間、お家を留守にすることで気になるのが空き巣被害。

今日は、住まいの防犯対策についてお話したいと思います。

 

まず、空き巣が嫌がる家にするということが鉄則。

草が生えないようにと、家の周りをコンクリートにされる方も多いですが、

防犯の面からは“玉砂利”を敷くことをオススメします。

音で侵入がバレるため、空き巣は玉砂利が大嫌い!雨の日でも、足音は十分聞こえます。

また、道路から見て死角になるところは要注意。
死角になるところで、30秒以内に侵入できるような場所をつくらないことが大切です。

侵入に30秒以上かかると、空き巣は諦めることが多いといわれています。
特に、人目につきにくい勝手口には、割れにくいセキュリティガラスを採用するなど、しっかりとした対策が必要です。

家の周りの塀は、高いほうが安心と思われている方が多いかもしれませんが、

高くすると死角が生まれますし、2階にも簡単に登られてしまいます。

また、分譲地はお家がたくさんあって、人目も多くて安心というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、お家の距離が近いとベランダづたいに移動できるため、一軒入られるとお隣もそのお隣も…

となりますし、逃げやすいために空き巣が好んで狙う可能性も…。

その場合は、2階の窓もシャッターつきにするなど、それぞれのお家にあった対策を考える必要がありますね。

 

安心して、ながく暮らせる住まいづくり。
一緒に考えていきましょう!

 

出産・子育てに向く街ランキング第1位! 意外と?!すごい!寝屋川市の魅力

こんにちは、厚生住宅建設です。

大阪府東北部、北河内地域の中心部に位置する寝屋川市。
そんな寝屋川市に厚生住宅建設はあります。

寝屋川市は、電車で大阪まで20分、京都まで40分、大阪国際空港まで60分と好立地にあって、住みやすい街、働きやすい街だと日々感じてはいますが、実はそんなに詳しく知らないかも…。そう思って、ちょっと調べてみました!

なんと寝屋川市は、「出産・子育てに向く街ランキング」で大阪府内第1位に選ばれているんです!(「PRESIDENT WOMAN」2018年2月号より)

育児を“応援してほしい人”と“応援したい人”をつなぐ市の「ファミリー・サポート・センター」や、出産・子育て支援ページ「ねやがわ子育てナビ」の分かりやすさが評価されたのだそう。

ほかにも、寝屋川市にはこんな魅力が!!

子育てのしやすさ
●【大阪府内トップクラス!】妊婦健康診査にかかる費用を助成
 →最大15回、上限約13万円

●【大阪府内トップクラス!】子供医療費助成が18歳まで
 →自己負担額 月額1,000円まで

●【全国トップクラス!】先進的なICT教育と英語教育
 →電子黒板、タブレットパソコンを全小学校の教室に完備!
英語だけで話す英語村事業

●中学校区ごとに、親子が交流・相談できる施設がある!

●夏休み中の深夜防犯パトロール実施!

●待機児童ZEROプラン
 →4月~6月 待機児童数0人!(HPにて公開中)

●ねやがわプールズ
 →ウォータースライダーや簡易プールを無料で楽しむことができる!(3才~小学生対象、要申込)

<その他>
●健全な市財政……12年連続黒字決算

●コンビニにAEDを設置

●【大阪府内トップレベル!】サクラ☆プロジェクト
→約200本のサクラにLEDのライトアップ

いかがでしたか?
子育てしやすいかどうか、安心して暮らせるかどうかなど、暮らす街がどんなところかを知ることはお家選びにとっても大切な要素。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

(参考:寝屋川市ホームページ 2018年7月現在)