四季折々、いつも私たちを楽しませてくれるハナミズキ

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

当社には、ハナミズキの木があります。

ハナミズキは、毎年春先に綺麗な緑の葉っぱを茂らせるのですが、ちょうどその頃、桜が咲きます。

そして、桜が散った後に、必ずハナミズキが可愛らしい花を咲かせてくれるんです。
誰も教えていないのに、月日の流れ、季節の移ろいを知っている。
ロマンチックだと思いませんか?

時期になると、「今年も咲くかな??」と楽しみにしながら毎日観察しています。

ハナミズキは、花が散った後も、10月頃に赤い実をつけて、晩秋になれば鮮やかな紅葉で楽しませてくれます。

いつも私たちに寄り添って、毎年必ず綺麗な花を咲かせてくれるハナミズキ。
春夏秋冬それぞれ美しい姿を見せ、四季折々の味わいを楽しませてくれています。

しかもウチの子は、赤だけでなく、いつからか紅白の花を咲かせるんです。本当に、可愛くて仕方がありません。
造園屋さんも、「こんなハナミズキは珍しい」とおっしゃっていました。

ハナミズキは、日本がソメイヨシノをアメリカへ贈ったお礼としてアメリカから贈られた花で、「返礼」という花言葉がついているそうです。

「永続性」という花言葉もあります。

私たちもこのハナミズキのように、仕事を通してお客様のそばにいつも、いつまでも寄り添っていきたい。

ハナミズキは、そんなことを改めて感じさせてくれる花です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です