厚生住宅建設のスタッフを紹介します!〜経理担当 入江 美樹〜

こんにちは、厚生住宅建設です。
今日は、当社の経理担当、入江 美樹を紹介したいと思います!

Q. なぜ厚生住宅建設に?

A. 30年勤務された前任の経理担当の方が定年退職されるということで、子育ても一段落し、毎日“ヒマ”している私に、夫である社長から強制労働の命令が下りました(笑)。
というのは冗談ですが、少しでも厚生住宅のお手伝いができればと思い、“お気楽”生活から“脱楽”することにした次第です。

 

Q. 実際に入社してみて?

A. 経理という仕事に携わったのがはじめてで、右も左もわからず、まったくゼロからのスタートでした。税理士さんに聞いたり、過去の書類を見返したり、一つの作業を進めるのにもすごく時間がかかっていましたが、久しぶりに仕事をするということがとても楽しくって。ゼロから一つ、また一つといろんなことができるようになって、あっという間に毎日が過ぎていくような感覚です。

 

Q. 仕事内容は?

A. 現金の出納管理・伝票入力・給与計算・お取引先様への支払い・売買物件管理…お金にまつわることはすべて担当しています。

 

Q. 心がけやこだわりは?

A. 「限られた時間でどれだけやりきれるか?」ということ、また、周りの方々への感謝を忘れないということをいつも心がけています。

 

Q. やりがいや喜びを感じるのは?

A. 月に一度、月次決算の処理のために来社いただく税理士さんから宿題を出されるのですが、その宿題に向き合っているときにはやりがいを感じますし、金額の合計があったときは毎回嬉しい気持ちになります。
何より一番喜びを感じるのは、お客様の笑顔が見られた時です。お客様と直接かかわる機会は少ないのですが、お家が完成した時にカメラマンさんに撮影いただくお写真を通じて、ご家族の素敵な笑顔を拝見するのが毎回楽しみですし、何より嬉しい瞬間です。

 

Q. 休日はどのように過ごしていますか?

A. 午前中は、テニスで思いっきり汗をかいて、夕方からは、子どもたちの習い事の送迎で走り回っています。休日なのに、ゆっくり休めない…ですが、子どものために何かをしてあげられるのは今だけなので、移動の車中で子どもとの会話を楽しんでいます。女子ばかりで、かなりうるさいですが(笑)。

 

Q. 今後の目標は?

A. 企業永続に向けて、まずは3年後の 50周年を無事迎えられるように、少しでも貢献できたらと思っています。

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中からいくつかのお声を抜粋してご紹介させていただきます。

 

■寝屋川市S様ご家族

笑顔と共に

マイホームは高い買い物なので、購入に至るまでには躊躇もありましたが、入江社長の人柄が最後の決め手になりました。熱心に、親切に対応してくださり、心から信頼できました。「いいお家を建てる」という信念!さすがプロだと感じました。入江社長の周りには素晴らしいお仲間がたくさん!今後もお仲間の皆さんを大切に、いいお仕事をしてください。本当にありがとうございました!

 

■寝屋川市O様ご家族

思い通りのステキな家

香里園駅近辺で土地を探していたところ、「立地がいい」と思った場所に厚生住宅さんの分譲地を見つけて連絡しました。日当たりも良く、間取りも設備もすべて選んで建てられたので、とても満足のいくマイホームになりました。

すべてにおいて、とても迅速に丁寧に対応していただいたので、はじめての家づくりでも安心して進めていくことができました。厚生住宅さんでマイホームを購入できて本当に良かったです。今後も、家のメンテナンスなどでも色々と相談に乗っていただけたらと思います。

>>S様、O様、アンケートへのご協力ありがとうございました!

みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

テニスとの出愛い

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

いつからなのか。。。

こんなにテニスにはまってしまったのは・・・(笑)

全くの初心者で、地元にある「星田テニスクラブ」の門をたたいたのは、今から5年前のことです。

最初は下手すぎて初級クラスに入ることも出来ませんでしたが、そんな私を心優しいコーチ陣が手厚く特訓してくださったおかげで、何とか少しは打てるようになりました<(_ _)>

今は中級のクラスで諸先輩方に揉まれながら、日々勉強させていただいております。

このメンバーの凄いところは3つあります。 

1.1年中、体調不良などで休まない“健康”

2.コートを目一杯使って相手を翻弄する“テクニック”

3.あきらめない心で向上心を持ち続けている!

 

このような尊敬している方々にとても可愛がっていただき、今も継続できています。

スポーツは身体を動かすことだけでなく、心も健康にしてくれます。

 

無我夢中になれるこの時間を、一所懸命楽しめる。

テニスと仲間の“出愛い”に感謝。

“大人な家GT”プロジェクト始動!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

行楽シーズン真っ只中!キャンプやピクニック、バーベキューなどを楽しまれている方も多いと思います。

どこかへお出かけするのはもちろん楽しいですが、家でのんびり過ごすのもオツなものですよね。

ただ生活するだけの場所ではなく、休日を楽しく過ごせる場所

そんなお家なら、暮らしがもっと豊かになると思いませんか?

 

例えばリビングから出たお庭に、小さくてもいいから、のんびりご飯を食べたり、お酒を飲んだりできるようなスペースを設けてみる。友人を呼んでバーベキューをするのもいいですし、小さなお子様がいらっしゃるご家庭なら、ビニールプールを置いてあげてもいいですね。その脇には、石を固めて小さな囲いを作り、夏場は氷を入れて飲み物を冷やしておいたり、冬場は薪をたいて暖炉がわりにしたり…。

そんな風に、暮らしを豊かにするお庭づくりのご提案をしていきたいと考えたのが、「大人な家GT(Garden Terrace)」プロジェクトです!

 

お正月やお盆やすみに、お孫さんが集まってくるというお家も多いと思いますが、せっかく遊びにきてもやることがない…となってしまっては寂しいですよね。

そんなお家こそ、お庭に少し手を入れて楽しめるスペースを作っておく。そうすれば、お孫さんたちが1週間でも2週間でも喜んで過ごしてくれるお家になりますよ!

孫たちが、「遊びに行きたい!」と言ってくれる家。

友人たちに、「今度の日曜、家においでよ!」って言いたくなる家。

そんなお家って、素敵だと思いませんか?

ついに始動した「大人な家GT」プロジェクト。ご期待ください!

過酷な暑さ・寒さを元気に乗り切るために〜厚生住宅建設の仕様のこだわり〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

みなさん、ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?

爽やかな気候で、お出かけにも最適な季節になりましたが、思い返してみると今年の冬は本当に寒かったですね!

また、今年の夏は…今年の夏も、猛暑になると聞きました。

そんな近年の異常気象といってもいいほどの“暑さ”や“寒さ”を元気に乗り切るためには、住まいの“断熱性”について考える必要があると思います。

厚生住宅建設では、快適な住まいを実現するために“アクアフォーム”という吹き付け断熱材を採用しています。(https://www.n-aqua.jp/products/aquaform/

アクアフォームは、液体を吹き付けると泡になって膨らむ断熱材で、隅々まで行き渡ることで隙間なく施工できるため、熱が外に逃げる道、冷たい外気が入ってくる道を遮断できるという特徴があります

また、熱の出入りがもっとも多い“”も、住まいを快適にするポイントです。当社では、“Low-E複層ガラス”を標準採用しています。(http://www.lixil.co.jp/lineup/window/inplus/low-e/

Low-E複層ガラスとは、特殊金属膜でコーティングされたガラスのことで、高い遮熱性と断熱性を兼ね備えています。真夏の強い日差しなどによる室温の上昇を抑え、冷暖房費の削減にも繋がります

そのほか外壁には、耐久性・断熱性・耐火性・遮音性・防災性に優れた厚さ3.7cmの “ヘーベルパワーボード”を採用。(https://www.asahikasei-kenzai.com/akk/pb/powerboard/about_pb/point/fireproof.html

ボードの上に雪だるまを乗せ、下から火であぶっても…雪だるまが溶けないほど、断熱性に優れた外壁材です。耐火性にも優れているため、万一、お隣のお家が火事になったとしても燃え移りにくく、過去にはヘーベルパワーボードのおかげで延焼の被害を免れたという報告も寄せられています。

 

お客様がより安心して、快適に暮らしていただける住まいとは一体どんなものなのか。

これからも当社はそれらを追求しつづけ、よりご満足いただける家づくりを目指してまいります。

大阪城お花見「和ーべきゅー」初挑戦!〜予約までの長き道のり〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

先日4月2日(月)に、大阪城公園で弊社スタッフとパートナーさんたち総勢7名でバーベキューをしました。

…が、その開催までの道のりが、とっても長かったんです。

BBQをしようと決まったのが、開催3日前の金曜日。

大阪城でのBBQには今年から事前予約が必要になったということで、開催決定後ただちにインターネットで予約状況を確認。その時は「空席40」ということでした。

予約できるとわかり、関係者に「お花見バーベキューしますよ!」と声をかけ、人数を確定して、さあ翌日、予約画面を開いてみると…

なんと!予約不可になっているではありませんか!!

「私、昨日、どこのページ見てたんだろう?!昨日は予約できたのに!!」

焦りました。「昨日は40席も空いていたのに!」…と。

よくよく見てみると、インターネットでの予約は3日前までしか受付されない様子。

でも、どうしてもBBQしたい!

こんな時は、まず電話です。

「ネットでは予約できなかったんですけど、空いてませんか?」

「満席です」

やっぱり、諦めるしかないのか…大阪城周辺で食事ができるところを探してもみました。

…が、やっぱりBBQがしたい!

次の日、開催前日です。再度、ダメ元で電話してみました。

「空いてませんか?」「いっぱいです。増設も予定していますが、まだどれほど増設するかもわかりません。明日16時過ぎにもう一度電話してみてください」

 

そして、開催当日です。

16時過ぎと言われましたが、待ってられません。

14時頃に鈴木さんが電話してくれました。

「空いてますか?」「空いてないです」「増設されるって聞いたんですが?」「増設分も埋まりました」

…なんと?!

16時に電話してと言われたのに!納得できません!よね??

15時に下園が再トライです。

「どうしてもダメですか???」

食い下がってみるものです。

電話口でワーワーと声が飛び交っているのが聞こえ…「取れました!」

ついに、やりました!開催当日の15時です!

執念で、お堀横のプレミアムゾーンをゲットです!!

 

というわけで、無事お花見BBQを開催することができました。

 

ライトアップされた大阪城は幻想的で、桜も綺麗で、注文したお肉のセットもボリューム満点で…大満足のBBQでした。

セットに1本ついていたスパークリングワインは、鈴木さんが一人で開けておりました。(笑)

 

大阪城お花見「和―べきゅー」をご検討の方にアドバイスです。

紙コップはついていませんので、どうぞご持参ください。

そして、予約はお早めに…。

厚生住宅建設のスタッフを紹介します!〜事務担当 鈴木 千賀子〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

今日は、当社の事務担当、鈴木 千賀子を紹介したいと思います!

Q.自己紹介をどうぞ!

A.大阪生まれ、大阪育ちの鈴木です。入社してもうすぐ2年になります。19歳と17歳の息子がいます。

Q.仕事内容は?

A.事務全般のほか、販売や案内の資料作成や、当社で取り扱っている賃貸物件の管理などを担当しています。最近は、先日からスタートした会社のインスタ投稿にハマっていて、「インスタ映え」のことで頭がいっぱいです!(笑)

 

Q.入社を決めた理由は?

A.何社か面接をしていただいた中で、入江社長の“アツさ”が印象的だったからです

 

Q.実際に入社してみて?

A.社長は、一日中ずっと、裏表なく社長です。社長は、私たちの「こうしてみたい!」を受け入れてくださって、遊び心いっぱいの会社です。

 

Q.心がけやこだわりは?

A.お客様や業者様からの物件確認のお電話が多いのですが、「空いていますか?」「案内できますか?」「いくらですか?」などの簡単なお問い合わせには誰でも答えられるように、一覧表などを作成して情報を共有し、スムーズに対応できる体制づくりを目指しています。また、お電話いただいた方に気持ちよくお話しいただけるよう、丁寧な電話対応も心がけています。

Q.やりがいや喜びを感じるのは?

A.お客様と接する機会の多い社長と営業の下園さんが、お客様からお喜びの言葉をいただいている姿を見たり聞いたりするときが一番嬉しい瞬間です。

 

Q.印象に残っていることは?

A.昨年の事務所リノベーションを機に、事務所のイスが念願のバランスボールになりました!

 

Q.休日はどのように過ごしていますか?

A.休日は、犬とずっと一緒に過ごしています。迷い犬だったので、いま何歳なのかはわかりませんが、家族になって5年になります。家にいる時は私のそばにずっといてくれて、私にとっての癒しの存在です。

 

Q.今後の目標は?

A.「縁の下の力持ち」です。社長と下園さん(=会社)が、お客様からたくさんの笑顔をいただけるよう頑張ります!

【施工事例】工夫とアイデアで収納たっぷり!ぬくもりを感じる無垢の家<寝屋川市本町H様邸>

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

今日は、当社がどんな家を建てているのかをより多くの方に知っていただくために、過去の施工事例をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介するのは、寝屋川市本町のH様邸。

ご夫婦と、小学生と中学生のお子様の4人で暮らすご家族です。

 

 

H様は、当社の別のモデルハウスを気に入ってくださって、「絶対に厚生住宅建設で家を買いたい!」とおっしゃっていただいたお客様です。

デザインはもちろん、当社の素材選びに対するこだわりなどにも共感してくださいました。

 

 

 

ただその時は予算が合わず、人気の物件でもあったため、すぐに他の方の手に渡ってしまった…という経緯がありました。

 

そしてその2年後、H様のご友人が当社のチラシをご覧になり、「厚生住宅のモデルハウスが建ってるよ!」と教えてくださったのだそう。

 

 

ご希望のエリアで、金額も納得いただけるものだったため、「買います!」と即決いただきました。本当に、ありがとうございます!

 

このお家のポイントは、なんといっても収納の豊富さ

大きなお家ではないながらも、本来ならデッドスペースになるような場所を収納に変えたり、ちょっとした向きの調整でスペースを捻出して収納にしたりと、アイデアと工夫によって、十分な収納を作ることができました。

 

 

また、無垢をふんだんに使用したリビングや寝室は快適そのもの。リビングの天井はあえて梁を見せ、無垢の羽目板を施すことで、天井を高く感じられるうえに、おしゃれなアクセントにもなっています。

収納たっぷりで暮らしやすく無垢のぬくもりを感じられる素敵なお家になりました。

 

 

 

いかがでしたか?

これからも定期的に施工事例のご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

 

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、寝屋川市寿町のK様からいただいたお声をご紹介させていただきます。

 

ココロオドル毎日

以前は賃貸物件で暮らしていましたが、家賃補助もなくなり、同じような金額を支払うのであれば家族が落ち着いて暮らせる家を持つ住宅ローンに切り替えた方がいいと思い、マイホームの購入を決めました。

 

打ち合わせが始まると、思った以上に決めていくことが多くて大変だと感じたこともありましたが、常に私たちの都合を優先していただいて、スピーディに対応していただいたおかげで、負担に感じるようなことはありませんでした。

 

実際に暮らしはじめての感想は、“大満足”の一言に尽きます。

心配していたリビングの明るさも想像以上に明るく、南側に窓がないとは思えないほどです。入江社長のおっしゃっていた通りでした。無垢の床も希望通りにしていただいて、とても満足しています。

ただ一つ、コンセントの数や位置について、もう少し想像を働かせながら考えた方がよかったなと反省しています。

 

はじめての家づくりでわからないことが多い中、いつも親身に、丁寧に対応してくださり、助けてくださいました。無理なオーダーにも嫌な顔ひとつせず、気持ちよく対応いただきありがとうございました。これからも変わらずお付き合いをよろしくお願いします。

>>K様、アンケートへのご協力ありがとうございました!

みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。