高松での衝撃の出会い〜今まで魅力に気づかずごめんなさい〜

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

私は昔から、「うどんかそばか?」と聞かれれば、迷わず「そば」と答える“そば派”でした。

その私の概念を一気に覆した出来事についてお話させてください。

あれは、昨年の夏。娘のテニスの試合で高松に行ったのですが、試合はすぐに負けてしまったため、ご飯を食べて帰ろうということになったんです。

“やっぱり香川はうどん”ということで、Googleで「近くのうどん屋」と調べて、たまたま近くにあった「うどん本陣 山田屋」さんに行くことに。

私はそば好きなので、そんなに期待はしていませんでした。
ところが!山田屋さんのうどんは、これまで食べたうどんと全然違ったんです!!

うどんは出汁が決め手だと思っていたのですが、山田屋さんのうどんは麺自体が甘くて美味しくてモチモチしていて…うどんの概念を一気に覆されました。
これまで食べたうどんとは、まったく別物だったんです。

もしみなさんも山田屋さんに行かれるのであれば、ぜひ冷たいうどんを食べてほしいと思います。そのほうが、麺の魅力を存分に味わえるはずです。

凝り固まった価値観にとらわれるのは、もったいないですね。つくづく実感しました。
素敵なお店との出会いに、また一つ感謝です。

「私はそば好きだ」という方。ぜひ一度、山田屋さんに行ってみてほしいと思います。

山田屋さんの宣伝みたいになってしまいましたが、決して回し者ではございません(笑)。

“初期費用O円”ではじめるエコライフ〜太陽光発電&エネファーム〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

最近は、マイホーム新築時に太陽光発電システムを設置される方が増えています。

ただ、その導入費用は決して安いものではなく、「本当にお得なのか?」「損をしないか不安だ」…と、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、某ガス会社の新サービスについてご紹介したいと思います。

一言でいうと…
“エネファーム”と“太陽光発電システム”を使ったダブル発電を、「初期費用0円」でスタートできるというサービスです。(新築時に限る。付帯工事費は別途必要。)
つまり、なにかと出費がかさむマイホーム新築時に、住宅ローンの借入金額を増やすことなく、ダブル発電をスタートできるというわけです。

契約期間中は、設備をレンタルしている状態になりますが、ダブル発電によって大幅に浮いた光熱費を設備リース料金のお支払いに活用いただけるため、初期費用が不要なうえに、毎月のご負担も少なくてすみます。場合によっては、リース料金を支払ったうえで、通常システムより光熱費がお得になることも!

また、万一の故障時にも無償で修理が受けられます。そのため、リース料以外の突然の出費は発生しません。

契約期間の満了後もリース対象の機器は購入して継続利用が可能なため、引き続き太陽光発電をご利用いただけます。

新築時のみの大チャンスです。今なら気軽にエコライフをはじめられますよ!
詳しくは、当社までお問い合わせくださいね。

厚生住宅建設のパートナーを紹介します!〜一級建築士 廣瀨健治先生(廣瀨建築工房)〜

こんにちは、厚生住宅建設です。
当社は、たくさんのパートナーの皆さんに支えられながら、一棟一棟のお家を建てています。
今日は、そんなパートナーのうちの一人、一級建築士の廣瀨先生をご紹介したいと思います。

Q. 厚生住宅との出会いは?

A. 12年ほどの付き合いになります。2006年頃から、知り合いの紹介で一緒に仕事をするようになりました。年間10〜15棟の設計に携わっています。

Q. お仕事に対するこだわりは?

A. 建築はバランス!
デザインを求めてカッコいい家を建てても、強度が低いと住まいとして意味がありません。プランニングには時間をかけ、構造強度には決して妥協を許さない徹底した打ち合わせを心がけています。

 

Q. 厚生住宅建設様の魅力は?

A. 会社全体で「お客様第一」を徹底し、一人ひとりのお客様を大切に考えているため、時間をかけて家づくりに取り組んでいると思います。
ちなみに、たまたまですが、私は入江社長と同い年です。

 

Q. 印象に残っているエピソードは?

A. たまに食事会やカラオケなどで、楽しい時間をご一緒しています。(お酒がまわり、あまり覚えていないこともありますが…)

 

★廣瀨先生の魅力★
以前、廣瀨先生に「なぜ建築士に?」と聞いたことがありました。
先生は、「なぜ?か!聞く?話、長くなるけど?…」と嬉しそうに話し始めたのです…

尊敬する建築家はアントニ・ガウディだとおっしゃいます。

▼アントニ・ガウディとは
ガウディは曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザイン、その設計手法は、独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。ガウディは、「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」という言葉を残しており、自然の中に最高の形があると考え、数字方程式を一切使わず10年の歳月をかけて実験をした。その実験装置が「逆さ吊り模型」で、紐と重りだけで構成されている。網状の糸に重りを数個取りつけ、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だとガウディは考えた。(カテナリー曲線)

建築の勉強をしている時、スペイン・バルセロナではじめてガウディの作品“サグラダファミリア”を目にし、衝撃を受け、体が震えたそうです。「ガウディは天才だ!!」と。
この独創的な建築が今も廣瀨先生を奮い立たせ、「建築はバランス!」とのこだわりに繋がっているのです。
「死ぬまでにもう一度ガウディの作品を見たい」と頑張っておられます。

先生はお客様と向き合う時、
「気楽に相談できる下町の建築家、一生一度の大きな買い物にベストを尽くすぞ!」
との思いで接してくれます。
先生は多くを語らない方ですが、(シャイな部分は少しですよ)言葉の一つひとつに重みがあります。
そんな熱い思い、その姿勢に私たちはいつも感謝しています。
有り難うございます。

AIになんて負けない!!ココロを磨く勉強会

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今年の1月から月に一回、社員と現場関係者が集まって勉強会を行っています。

経営に関するある雑誌の記事を事前に読んで、それぞれが思ったことを発表するというものなのですが、まったく同じ記事を読んでいるはずなのに、その感想は本当にさまざま。
同じ質問を投げかけてもその答えは全員違っていて、価値観は人それぞれだということを心から実感します。

数学であれば答えは一つですが、感性や価値観は、70億人いれば70億通り。
「彼女は、こんなふうに捉えたのか」「彼は、こんな角度から物事を見るんだ」など、みんなの思いや考え方を知ることは非常に興味深く、“なるほど!”と感じることばかりです。自分とは異なる意見を受け入れて、その価値観に共感することで、視野が広がり、キャパが広がり、成長につながっていくと実感しています。

 

仕事の内容や立場によっても、物事に対する考え方や見方は異なります。
それぞれの思いを理解することで、よりスムーズに意思疎通ができるようになるんじゃないか。また、それぞれが経営感覚を持ちながら仕事を捉えていくと、目線も変わって仕事がもっと面白くなるんじゃないか。これらも、この勉強会で目指すところの一つです。

 

そして、仕事で成長して自信がつけば、私生活も自信をもってイキイキと過ごすことができる。周りの人にも伝わって、幸せの輪が広がっていく…。
この場が、その足がかりになればいいなと思っています。

 

勉強会の後は、もちろん食事会!
ご飯を食べて、デザートを食べて、親睦を深めます。
毎回、勉強会当日に鈴木さんがデザートを調達しに走ってくれるのですが、先日は業務が忙しく、「行けるかな…。デザートなくてもいいですか?」なんて言うんです。
いやいやいや、デザートは僕のメインイベントです!
「絶対いる!頼むから行って!!」とお願いして買ってきてもらいました。

無事コストコのティラミスにありつけて、大満足の勉強会になりました。

やさしくて、恥ずかしがり屋さん♪厚生住宅建設パートナーの魅力に迫る!

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

昨日6月25日は、かの有名なスペインの建築家、アントニオ・ガウディの誕生日にちなんで、全国建設労働組合総連合が制定した「住宅デー」でした。

大工さんや左官屋さんなど、職人さんたちの腕と信用を再確認する日だそうです。

そこで今日は、厚生住宅建設の家づくりに協力してくださっているパートナーの皆さんたちについて、少しご紹介させてください。

パートナーの皆さんは、カメラを向けると顔を背けてしまうような、シャイな方ばかり

また、年に数回はお食事をご一緒させていただく機会を設けるのですが、皆さんお酒を飲まれず、「コーラで」というかわいらしい方ばかりです♪

本当にやさしい方たちばかりで、現場に立ち寄るといつも、「コーヒー飲むか?」と現場においてあるコーヒーメーカーで入れてくださるんです。

本来なら、営業の私が差し入れするべきところなのですが…いつもお言葉に甘えて美味しくいただいています(笑)。

もちろん、仕事の腕も一流です!

細かい部分まで丁寧に仕事をしてくださるのはもちろん、一つひとつ私たちに確認しながら作業を進めてくださり、難しい要望に対しても、「できない」と突っぱねるのではなく、「なんとかやってみよう」と努力をしてくださいます。

できるできないに関わらず、その姿勢が私たちはとっても嬉しいんです。

「信頼している」の一言に尽きます。

暑い日も寒い日も、いつもいつもありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします!

まさかの焼きカレー

こんにちは。
厚生住宅建設の入江です。

5月24日(木) 25日(金) 2日間
北九州の小倉へ研修に参加させていただきました。

集中力を高めるために念願だった 門司港へ名物焼きカレーを食べに行きました。      
目標は焼きカレーのお店を3軒はしご(^_^;) 
バカげてる(笑)

朝10時に到着し、駅前のお店 M’s Caféへ 
熱々のカレーに少し焦げ目のあるチーズ 
朝から中々ヘビーだぜ・・・でも めっちゃ美味しい。
うん。これなら3軒行けるかも(^^) 自信が湧いてきた。

 

食べ終わったら即2軒目 今度は門司港地ビール工房へ 
注文はもちろん 焼きカレー 流石にペースダウン(>_<)

オーダーしてから作り出すのでやや時間が掛かり、料理が届いてからも
熱々を食べるのにもとても時間が掛かります。
結局予定時間をオーバーしてしまいそうだったので、3軒目は断念し、いざ研修会場へ。

テーマは  「イベーション 経営革新への挑戦」 です。
全国各地から約1,700名が集まり2日間、素晴らしいお話を聴かせて頂き、
今一度自分の仕事を見直す機会となりました。

私たちの仕事は、果たして本当に世の中のために、人のためになっているのか・・・
現状を満足する事なく、もっとお客様や周りの方に喜んで頂けるようにしたい・・・
様々な事が交錯する中で、講演の中で教えていただきました。

学びと努力と感謝を10年継続すればフォローの風が吹いてくる
そして信念を貫く事である。

2018年度も半ばを迎え、新たに後半へ向けての決意が生まれました。
共に学ぶ仲間に心から感謝。

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設です。

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中からいくつかのお声を抜粋してご紹介させていただきます。

■寝屋川市I様ご家族
「寛」
住んでいたマンションの売却や金銭面など、購入までには躊躇することもたくさんありましたが、厚生住宅さんの親切心と情熱ですべて解消されました!
二度目の不動産購入でしたが、スタッフの方の的確なアドバイスがあったため、非常にスムーズに事がすすみ大変感謝しています。これから、プライベートでもお付き合いできればと思います。一度わが家へ足を運んでいただき、宴会を開催したいです!

 

■寝屋川市K様ご家族
「私達家族のお城」
マンションにするか戸建てにするか迷っていましたが、購入を決めたきっかけはモデルハウスを見学した時の直感でした。実際に暮らしはじめた今、電気やスイッチの場所、収納の量など、細かい部分までよく考えてつくられているんだなと実感しています。
厚生住宅さんに出会えて、すてきなマイホームを購入することができて、もう何もいうことはありません。ありがとうございます!

 

>I様、K様、アンケートへのご協力ありがとうございました!
みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

【施工事例】開放感たっぷり!“思い切った”吹き抜けのお家<寝屋川市 香里本通町 I様邸>

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

今日は、当社がどんな家を建てているのかをより多くの方に知っていただくために、過去の施工事例をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、寝屋川市 香里本通町のI様邸。

こちらのお家の最大の特徴といえば、なんといってもリビングの大胆な吹き抜け!
今でも「あの吹き抜けのお家は売れてしまいましたか?」とお問い合わせいただくほど大好評のお家で、その明るく開放的な空間は、はじめて足を踏み入れた人を圧倒します。
隣接する和室は、琉球風畳や雪見障子を取り入れたオシャレな空間に。
無垢もふんだんに使用して、明るくやさしい印象のお家に仕上がりました。

オーナーのI様は、物件を一つずつ歩いて見てまわってくださったほど、当社の建てる家を気に入ってくださったお客様。
「他のモデルハウスと全然違う!」とおっしゃっていただいたのがとても印象的でした。

I様は、今でも事務所やモデルハウスに遊びにきてくださいます。
そして、その場にご検討中のお客様がいらっしゃった時には、当社でお家を購入された先輩としてアドバイスをしてくださるのですが、アドバイスだけにとどまらず、私たち営業マンよりも上手に営業してくださるんです!
実際にお住まいの方のお声は、購入される方にとってこれ以上参考になるものはないと思いますので、その時は私たちもI様にお任せしています(笑)。

いかがでしたか?
これからも定期的に施工事例のご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

心身ともに健康的に暮らせる家づくり〜住まいの梅雨対策〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

とうとう、梅雨の季節がやってきましたね。
どんよりとした天気が続き、ジメジメとしてなんだか気分もスッキリしない…。

そんな梅雨を少しでも快適に乗り切るためには、住まいの湿気対策が大切です。
室内の湿度が高いとカビも生えやすくなり、ダニの発生・繁殖にもつながります。そしてそのカビやダニは、アレルギーの原因になるともいわれています。

湿気対策におすすめなのは、当社のモデルハウスにも標準採用している「エコカラット」。

エコカラットは、湿度が高いときには湿気を吸収し、乾燥すると湿気を放出してちょうどいい湿度を保ってくれるという壁材です。消臭機能も兼ね備えているため、ニオイのこもりやすい玄関や、ペットのニオイ対策などにもおすすめです。

 

梅雨時期に限らず、一年を通して室内干しの機会が多いというご家庭であれば、あらかじめ“室内干し専用スペース”を設けておくのもいいですね!
つくる場所は、来客があっても目につかない2階部分が◎。
雨の日はもちろん、花粉や黄砂の飛散が多い季節の室内干しにも大活躍です。
洗濯機を2階に設置すれば、よりスムーズな家事動線が実現しますよ!

また、湿気がこもらないお家にするためには、風通しが重要です。
風通しを良くするには、なんといっても窓の数がポイント!窓が多いのも当社の家の特徴の一つなのですが、一般的な建売住宅の場合は窓の数が20〜25個なのに対して、当社では30〜35個程度を標準として、外観のデザインを考慮しつつ、最適な窓の数や大きさ、配置をご提案しています。

一年中快適に、健康的に暮らせる家づくり。一緒に考えていきましょう!