暑い夏も快適に!涼しい家のつくり方

こんにちは、厚生住宅建設です。

ジメジメと蒸し暑い季節がやってきましたね。
今年もまた、信じられないような“酷暑”になるのでしょうか…。

厚生住宅建設の家は窓が多いのが特徴の一つで、窓が多ければ風通しの良い、快適な家となりますが、もう一つ、室内を快適に保つ秘訣について今日はお話したいと思います。

その秘訣とは、フローリングに無垢材を使用することです。

無垢フローリングとは、100%天然の木材からつくった床材のこと。その肌触りや風合い、香りが魅力です。
夏でも一般的なフローリングと違ってべたつくことなく、裸足でもサラッと快適に過ごしていただけます。空気の層を含んでいるため、冬はほんのりあたたかさを感じられるのも魅力の一つです。

また、木には天然の調湿作用があるため、湿度の高いときには湿気を吸って、乾燥しているときには湿気を放出して、一年中室内を快適に保ってくれます

「無垢フローリングは、お手入れが大変」
そんなイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、無垢なら傷がついてもヤスリで少し削って、オイルをぬればOK!表面にシートが貼ってあるようなフローリングでは、そうはいきません。

何より、自然素材は気持ちがいいですよね!
当社お打ち合わせスペースのテーブルも無垢の一枚板で、触り心地抜群です。

無垢の魅力は、実際に体感していただくのが一番だと思います
現在公開している成田南のモデルハウスでも、1階のリビングに無垢フローリングを採用しているので、ぜひ一度、「呼吸する家」を体感しにきてください。

こちらのモデルハウスでは、先日ご紹介した断熱材やパワーボード、Low-e複層ガラスなども採用しています。(過酷な暑さ・寒さを元気に乗り切るために〜厚生住宅建設の仕様のこだわり〜
ご家族そろって、お気軽に遊びにきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です