家族がいつも仲良く、快適に暮らせる家づくり

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

新入学、新生活の季節ですね。

生活や環境の変化を迎えて、忙しい毎日をお過ごしの方も多いことと思います。

今日はそんな中でも、毎日が「てんやわんやだ!」という子育てファミリーにオススメの家づくりについてお話させていただきたいと思います。

 

当社がオススメしている一つのご提案が「フロントクローク」です。

玄関を開けると正面に扉があり、左はリビングにつながっているというレイアウト。

正面の扉を開けると、両サイドが収納になっているフロントクロークが現れます。

たとえばそこに、幼稚園のバッグやランドセルなど、次の日に持っていく物をすべて集結させておく。そうすれば、あっちこっちへ物を取りにいく必要もなくなりますし、忘れ物だって少なくなりますよ!

収納力があるため、ストック置き場としても、買い物や宅配の荷物の仮置き場としても重宝します。

フロントクロークを中心として動けるような日々のルーティンを作っておくと、無駄な動きが少なくなって、毎日の暮らしがぐんと快適になるはずです

 

もう一つは、「ファミリールーム」というご提案。

リビング階段を上がったところに、“セカンドリビング”として使えるようなスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

リビングにプラレールやレゴを組み立てると、遊び終わるたびに片付けないといけませんよね。急な来客があったときも大変です。

でも、ファミリールームならそのままでOK!

「早く片付けなさい!」と叱るストレスからも解放されるかもしれません。

また、パソコン作業や勉強ができるカウンターを作れば、それぞれが部屋にとじこもることなく、常に家族の気配を感じながら過ごせますし、リビングとつながっているため、下の階から「ご飯よ〜!」と声をかけることもできますね!

 

家族が仲良く快適に暮らせる住まいづくり

そんなご提案を、これからも続けていきたいと思っています。

24時間365日見守ります!住まいと暮らしの安心サポート「C&Oハピネスライフ24」

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

今日は、前回(快適に暮らしていただくために)お話できなかった「C&Oハピネスライフ24」の詳細をお伝えしたいと思います。

 

まずは、「緊急かけつけサービス」から。

住まいに関するトラブルについて、専門知識をもったスタッフが24時間365日体制で電話受付。水まわり・鍵・ガラス・電気設備・ガス設備の5つのトラブルについて、無料で応急処置を行います。どんな些細なトラブルでも結構です。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

 

応急処置に来てもらったのはいいけれど、かけつけサービス無料対応の範囲外だった…。

そんな時も、諦めるのはちょっと待ってください!
かけつけサービスから通知を受けた「火災保険の損害査定エキスパート」が、その損害が火災保険で対応可能かどうか速やかに分析

火災保険補償対象の可能性がある場合は、お客様へご連絡のうえ、保険金請求までしっかりサポートいたします。

そのほか、「お手伝いサービス」もご用意しています。

照明器具の管球交換や家具の移動、高所設置窓の掃除について、年に2回、無料でお手伝いさせていただきます。

 

住まいに関することだけではありません。

ご家族のお身体に“もしも”のことがあった場合にもご相談いただける「医療案内ダイヤル」をご用意。医師または看護師が、24時間365日、無料で医療相談にお応えいたします

 

さらにさらに!

「自転車で歩行者にぶつかり怪我をさせた」「お子様が友人宅で家具を壊してしまった」…などの事故に関して、最大3億円までの個人賠償責任補償もおつけしています

 

ご家族の身に起こりうるあらゆる「万が一」を、全力でサポートいたします

 

すべて、ご入居後10年間のサポートです。

詳しくは、当社スタッフまでお問い合わせください。

「C&Oハピネスライフ24」については、動画でもご紹介しています。

ご興味のある方はぜひご覧くださいね!

↓↓

 

 

いつまでもながく安心して、快適に暮らしていただくために「C&Oハピネスライフ24」

こんにちは、厚生住宅建設入江です。

 

いうまでもなく家づくりは、多くの方にとって一生に一度の大イベント

そして、一生のうちで最も高価な買い物です。

そんな家づくりに携わる私たちの仕事は、家を建てて終わりではありません。

お客様と私たちの真のお付き合いは、ご入居後からが始まるものだと考えています。

 

 

 

以前は、名刺に私の携帯電話の番号を書いてお渡しし、「何かお困りのことがあれば、24時間365日、いつでもこの番号にお電話くださいね!」とお伝えしていました。

しかしある時、お客様から「もし何かあっても、夜中に電話するなんて気がひけますよ」と言われたことがあったんです。

「おおごとではないかもしれないのに、社長に直接電話するなんて…」と。

 

ハッとしました。

確かにそうかもしれない。お客様に気を遣わせてしまうなんて、もってのほか。

何かいい方法はないか…。

 

 

そう思っていた時、偶然にも今当社が採用しているサービスに出会いました。

それが、お客様の住まいと暮らしを24時間365日見守るC&Oハピネスライフ24」です。

 

その内容とは…

 

  1. 住宅トラブル緊急かけつけ&お手伝い
  2. 火災保険の損害査定エキスパートダイヤル
  3. 医療案内ダイヤル
  4. ケガの補償と個人賠償責任補償

 

…とここまでで話が長くなってしまいましたので、詳しい内容については、次回お話させていただきますね!

土地選びは“インスピレーション”が大切?!

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

家を建てるには、まずは“土地”が必要ですね。

ですが、多くの方にとって土地探しははじめての経験です。

どんな視点で探せばいいのか、悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

例えば、駅近がいいのか、保育園や学校の近くがいいのか、ご実家の近くがいいのか…。

それぞれのライフスタイルによって、ご希望もさまざまです

「南向きじゃないとだめ!」とこだわって探される方もいらっしゃいます。

 

でも、ここで一つアドバイスなのですが…

南向きの土地であれば、南側に玄関を作ることになりますよね?

ということは、その部分は必然的に“暗く”なってしまうんです。

一方、北向きの土地であれば、南側の全面から光をとり入れることができるため、「南向きの土地が一番いい」と一概にはいえないんです

 

しっかりと光が入るように、その土地の向きや形状にあわせた間取りを提案させていただきますので、向きにばかりこだわって探される必要なないかと思います。

 

それより大事にしていただきたいのは、“インスピレーション”です。

その場所に住むということがイメージできるかどうか、です。

条件がいくら良くても「ピン」とこなければ、ご自身には向いていない場所なのかもしれません。

「子どもたちはこうやって遊ぶんだろうな」「妻はあそこで買い物をするんだろうな」…など、しっかりと“ビジュアライズ”できれば大丈夫!

ぜひご自身のインスピレーションも大事にして土地探しをしてみてください。

もちろん、当社は土地建物のプロとしてしっかりとアドバイスさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談くださいね!

子育てにとって、“本当にいい”住まいとは?

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

子どもたちが、すくすくと健やかに育つ家。

それは、立派な子ども部屋がある家でしょうか。

大切なのは、リビングにスタディスペースを作ることでしょうか。

 

私たちは、子どもたちが健全に育つには、“主寝室”が重要だと考えています。

パパとママが1日の3分の1を過ごす主寝室。

そんな主寝室にこそこだわりたいこだわっていただきたいと思っています。

 

当社が展開する「大人の家」も、主寝室を入れています。

無垢材のフローリングや建具、壁にはエコカラットを採用し、その快適性は最上級です。

子どもは、両親を見て育ちます。

寝ても寝ても疲れが取れず、毎朝しんどそうな表情で食卓に座るパパやママに、子どもは魅力を感じるでしょうか。

 

大きくなったら「お父さんのようになりたい」「お母さんのようになりたい」。

そんな風に思ってもらえる、元気なパパとママであってほしい

そんな風に思ってくれたなら、子どもたちは、自然とすくすく健やかに育ってくれるものと思っています。

 

快適な主寝室上質な睡眠をとって、心身ともに健康になれば、いつも前向きに、モチベーション高く日々を過ごせるのではないでしょうか。

そうすれば、子どもたちが憧れるようなパパとママになれるのではないでしょうか。

 

子どもたちの成長にとって、“本当にいい”家とはどんなものか。

これからも、真に価値のある住まいづくりを追求してまいります。

より安心して、より快適に暮らせる家づくりを目指して

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

お客様により安心して、より快適に暮らしていただきたい。

そんな思いから当社では、旭化成建材の外壁材「パワーボード」を全棟標準仕様としております。

 

「パワーボード」とは、37mmの厚さの外壁材で、一般的に外壁に多く使用されている「サイディング」の倍以上の厚さ。その厚みが、住まいの断熱性・遮音性を高めます。

また、パワーボードは耐火性にも優れているほか、コンクリートでありながら水に浮くほど軽いため、地震時の建物への負担を軽減。さらに経年変化にも強く60年以上にわたって張り替えが不要となるような耐久性を目指したもので、メンテナンス費用の削減にもつながります。

また当社では、断熱等級は最高ランクの4相当、耐震等級は2以上の仕様を標準としています。

当社が、耐震等級を最高ランクである3ではなく「2以上」を標準とする理由は、在来木造住宅において3をクリアするような設計とすると、間取りに制限がかかり、お客様のご希望に添えない場合もあるためです。

耐震等級2以上であれば、十分安心してお住まいいただけるものと考えておりますが、お客様のご要望に応じて、耐震等級3の仕様とさせていただくことも可能です。

 

お客様がより快適に、より安心して暮らしていただける住まいとは一体どんなものなのか。

 

これからも当社はそれらを追求しつづけ、よりご満足いただける家づくりを目指してまいります。