心オドル大興奮の一日。「キュリオス」を観てきました!

こんにちは、厚生住宅建設の鈴木です。

10月某日、社長・西村監督・下園さんと4人で、中之島ビッグトップで開催されていたシルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品「ダイハツ キュリオス」大阪公演を観てきました!

 

アクロバットやバランス芸……いろんな演目がありました。

そのなかでも私の印象に残っている演目は、透明人間のサーカス。

今までのサーカスの概念が変わりました!

 

それから、アクロネット(トランポリン)!
とにかく、楽しそうなんです!!

「やってみたい!」「これならできそう!」と、勘違いしながら観ていました。笑

 

どの演目も、ハラハラ・ドキドキ・ワクワクで、驚きのあまり口も開きっぱなし。
あっという間に時間が過ぎました。

すごく集中して演技をしているはずなのに、舞台の上のみんなが本当に楽しそうで。

その姿は、観ていて気持ちがよかったです。さすがプロ!

 

鑑賞後は、西村監督オススメの串やき「一富士」でお食事をいただきました。

興奮が冷めず、キュリオスの話で余韻を楽しみながら美味しいお食事をいただき、心オドル楽しい時間でした。

 

社長!!企画していただいて、ありがとうございました!!
次の企画も楽しみにしています!!笑!

縁ありて花ひらき、恩ありて実を結ぶ。

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

先日の10月2日に、箕面のとある飲食店で勉強会をしてきました。

いつもは社内で行っているのですが、今回は“食事をしながら”という異例の勉強会
やってみてわかったのですが、食べながらの勉強会はとってもおすすめです!
というのも、食べながらの方が、なぜかみんなたくさん喋ります(笑)。
おそらく、美味しいものを食べていると幸せな気分になりますし、リラックスできて、かしこまらずに話ができるんだと思うんです。普通の勉強会だと、発言者にみんな集中するので、少なからず緊張するというのもあるのでしょうね。
アルコールの力もあるかも知れませんが(笑)。

当社の勉強会は、経営に関するある雑誌の記事を読んで意見交換をするというものなのですが、今回の記事は、「女性スタッフが、出産してもまた復帰して一生働けるように託児所をつくった」という広島の美容室のお話でした

みんなが安心して働けるような職場環境づくりが大切だと改めて感じましたし、またその子どもたちの世代からも、「あんな会社で働きたい」「あんな会社を作りたい」と思ってもらえる会社にしたいと決意を新たにしました。

受けた恩を、直接その人に返すのは “恩返し”。
恩を返すだけでなく、次の人に繋いでいくというのが“恩送り”。
縁ありて花ひらき、恩ありて実を結ぶ」です。
これからも、仕事を通じて“ありがとう”を繋いでいきたいと思います。

この勉強会では、他の企業の話を読んで、自分の会社と比べるのではなく、それについてどう思うかを率直に話し合います。
他の会社にはない、自社の良さに改めて気づくこともできますし、自社でできていないことも見つかります。「うちだったらどうできるだろう?」と考えるきっかけにもなる。
そして、他のメンバーの意見に耳を傾け、価値観を共有することで、人としてのキャパも広がり、より深く物事を考えることにも繋がっていきます。
横にも縦にも成長できる場だと思っています。

これからも、この勉強会はずっと続けていきたいと思います。

海の青でイメージチェンジ♪わが社も外壁メンテナンスしました!

こんにちは、厚生住宅建設です。

前回お話させていただいた通り(みなさまご無事で何よりでした。これからも“安心”をご提供し続けて参ります。)、当社の建てた「大人な家」は先日の大阪府北部地震でもほとんど被害はありませんでしたが、うちのオフィスは、まあまあなダメージを受けてしまいました…。

「お客様のお家のことが一番、オフィスは二の次!」
と思っていたのですが、雨漏りをしてしまうという緊急事態に陥ってしまい、急遽メンテナンスを行うことにしました。

これまで何度かメンテナンスを行ってきましたが、いつも採用する色はグレーなど、どちらかというとシンプルで地味なイメージでした。
そこで今回は、少し色をつけて活気を出したいと思い、外壁の色は深いブルーに
空の青、植木の緑、正面の壁の土色に、海の色が加わりました。

昨年10月にリニューアルした内装も青を基調としているため、イメージがぴったりとマッチ!

約10年ぶりのお色直しで心機一転、また新しい厚生住宅建設として再出発です。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

みなさまご無事で何よりでした。これからも“安心”をご提供し続けて参ります。

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

6月18日に発生した大阪府北部地震。
被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

地震の被害が大きかった地域には、当社の建てた「大人な家」にお住まいのお客様もたくさんいらっしゃいます。

お怪我はないだろうか、お家は無事だろうか…
心配で心配でいてもたってもいられず、すぐにお伺いのハガキを作成して、みなさまに送付させていただきました。
もし、地震で不具合が発生してしまった箇所があれば、無料で点検させていただきますと。

ただ、ハガキを作成したはいいものの、投函するまでにはためらいもありました。
このタイミングでお送りすると、「リフォームの仕事が欲しいからだと思われないだろうか」「営業のためだと思われないだろうか」…と。

そうやって悩んでいると、社員の下園さんと鈴木さんが「大事なことです!絶対に送るべきです!!」と後押ししてくれたんです。

約150組のお客様にお送りし、点検のご依頼をいただいたのは約30件。
すべてチェックさせていただきましたが、建物が地震の影響を受けたお宅はありませんでした。

ハガキをお届けしたお客様からは、ご丁寧にお礼のお電話をいただいたり、「家は何の影響もなかったが、連絡をくれて安心した」とおっしゃっていただいたり。

あるお客様からは、こんなお話もお聞きすることができました。

「同時期に吹田に家をたてた友人と連絡をとって、無事を確認しあったのですが、その友人の家は、50〜60箇所もクロスにひび割れができてしまったそうです…。一方、うちはひび割れも不具合もゼロ!いい家を買わせていただいて、本当にありがとうございました!

結局、大変だったのはうちのオフィスだけでした。あちこち、雨漏りが…(笑)。

おかげさまで、「大人な家」は本当にいい家だと改めて実感させていただきました。
今後も、より一層自信を持って皆さまにご提案できることを嬉しく思います。

また、社員の二人のおかげでハガキを出せたことにも感謝です。
いつもいつも、サポートありがとう!!

日常の喧騒を忘れて、心洗われる一日でした。

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

このたびの台風21号および北海道胆振東部地震により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

先日、尊敬する経営者のみなさんと、勉強会へ参加しました。

場所は「道の駅 ちはやあかさか」。

かえるの鳴き声が聞こえるのどかな田園風景で、空気が美味しいところ。
そして、夕焼けがとても綺麗でした。

慌ただしい日常から一歩踏み出してみると、こんなにも心和む場所が……。
なんだか、小旅行にでも来たような気がしました。

もちろん、勉強会はとても盛り上がり、私自身もとても有意義な一日になりました。

仲間に感謝。ありがとう。

追伸:
アップルサイダー、ぶどうサイダー、美味しかったです。

 

AIになんて負けない!!ココロを磨く勉強会

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今年の1月から月に一回、社員と現場関係者が集まって勉強会を行っています。

経営に関するある雑誌の記事を事前に読んで、それぞれが思ったことを発表するというものなのですが、まったく同じ記事を読んでいるはずなのに、その感想は本当にさまざま。
同じ質問を投げかけてもその答えは全員違っていて、価値観は人それぞれだということを心から実感します。

数学であれば答えは一つですが、感性や価値観は、70億人いれば70億通り。
「彼女は、こんなふうに捉えたのか」「彼は、こんな角度から物事を見るんだ」など、みんなの思いや考え方を知ることは非常に興味深く、“なるほど!”と感じることばかりです。自分とは異なる意見を受け入れて、その価値観に共感することで、視野が広がり、キャパが広がり、成長につながっていくと実感しています。

 

仕事の内容や立場によっても、物事に対する考え方や見方は異なります。
それぞれの思いを理解することで、よりスムーズに意思疎通ができるようになるんじゃないか。また、それぞれが経営感覚を持ちながら仕事を捉えていくと、目線も変わって仕事がもっと面白くなるんじゃないか。これらも、この勉強会で目指すところの一つです。

 

そして、仕事で成長して自信がつけば、私生活も自信をもってイキイキと過ごすことができる。周りの人にも伝わって、幸せの輪が広がっていく…。
この場が、その足がかりになればいいなと思っています。

 

勉強会の後は、もちろん食事会!
ご飯を食べて、デザートを食べて、親睦を深めます。
毎回、勉強会当日に鈴木さんがデザートを調達しに走ってくれるのですが、先日は業務が忙しく、「行けるかな…。デザートなくてもいいですか?」なんて言うんです。
いやいやいや、デザートは僕のメインイベントです!
「絶対いる!頼むから行って!!」とお願いして買ってきてもらいました。

無事コストコのティラミスにありつけて、大満足の勉強会になりました。

大阪城お花見「和ーべきゅー」初挑戦!〜予約までの長き道のり〜

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

先日4月2日(月)に、大阪城公園で弊社スタッフとパートナーさんたち総勢7名でバーベキューをしました。

…が、その開催までの道のりが、とっても長かったんです。

BBQをしようと決まったのが、開催3日前の金曜日。

大阪城でのBBQには今年から事前予約が必要になったということで、開催決定後ただちにインターネットで予約状況を確認。その時は「空席40」ということでした。

予約できるとわかり、関係者に「お花見バーベキューしますよ!」と声をかけ、人数を確定して、さあ翌日、予約画面を開いてみると…

なんと!予約不可になっているではありませんか!!

「私、昨日、どこのページ見てたんだろう?!昨日は予約できたのに!!」

焦りました。「昨日は40席も空いていたのに!」…と。

よくよく見てみると、インターネットでの予約は3日前までしか受付されない様子。

でも、どうしてもBBQしたい!

こんな時は、まず電話です。

「ネットでは予約できなかったんですけど、空いてませんか?」

「満席です」

やっぱり、諦めるしかないのか…大阪城周辺で食事ができるところを探してもみました。

…が、やっぱりBBQがしたい!

次の日、開催前日です。再度、ダメ元で電話してみました。

「空いてませんか?」「いっぱいです。増設も予定していますが、まだどれほど増設するかもわかりません。明日16時過ぎにもう一度電話してみてください」

 

そして、開催当日です。

16時過ぎと言われましたが、待ってられません。

14時頃に鈴木さんが電話してくれました。

「空いてますか?」「空いてないです」「増設されるって聞いたんですが?」「増設分も埋まりました」

…なんと?!

16時に電話してと言われたのに!納得できません!よね??

15時に下園が再トライです。

「どうしてもダメですか???」

食い下がってみるものです。

電話口でワーワーと声が飛び交っているのが聞こえ…「取れました!」

ついに、やりました!開催当日の15時です!

執念で、お堀横のプレミアムゾーンをゲットです!!

 

というわけで、無事お花見BBQを開催することができました。

 

ライトアップされた大阪城は幻想的で、桜も綺麗で、注文したお肉のセットもボリューム満点で…大満足のBBQでした。

セットに1本ついていたスパークリングワインは、鈴木さんが一人で開けておりました。(笑)

 

大阪城お花見「和―べきゅー」をご検討の方にアドバイスです。

紙コップはついていませんので、どうぞご持参ください。

そして、予約はお早めに…。