やさしくて、恥ずかしがり屋さん♪厚生住宅建設パートナーの魅力に迫る!

こんにちは、厚生住宅建設の下園です。

 

昨日6月25日は、かの有名なスペインの建築家、アントニオ・ガウディの誕生日にちなんで、全国建設労働組合総連合が制定した「住宅デー」でした。

大工さんや左官屋さんなど、職人さんたちの腕と信用を再確認する日だそうです。

そこで今日は、厚生住宅建設の家づくりに協力してくださっているパートナーの皆さんたちについて、少しご紹介させてください。

パートナーの皆さんは、カメラを向けると顔を背けてしまうような、シャイな方ばかり

また、年に数回はお食事をご一緒させていただく機会を設けるのですが、皆さんお酒を飲まれず、「コーラで」というかわいらしい方ばかりです♪

本当にやさしい方たちばかりで、現場に立ち寄るといつも、「コーヒー飲むか?」と現場においてあるコーヒーメーカーで入れてくださるんです。

本来なら、営業の私が差し入れするべきところなのですが…いつもお言葉に甘えて美味しくいただいています(笑)。

もちろん、仕事の腕も一流です!

細かい部分まで丁寧に仕事をしてくださるのはもちろん、一つひとつ私たちに確認しながら作業を進めてくださり、難しい要望に対しても、「できない」と突っぱねるのではなく、「なんとかやってみよう」と努力をしてくださいます。

できるできないに関わらず、その姿勢が私たちはとっても嬉しいんです。

「信頼している」の一言に尽きます。

暑い日も寒い日も、いつもいつもありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします!