厚生住宅建設の経営理念〜住心道一筋〜

こんにちは。厚生住宅建設です。

今日はこの会社の経営理念、経営ビジョンについてお話させていただきます。

実は、厚生住宅建設(株)には歴史があります。1972年(昭和47年)「人間の生活を健康で豊かなものにすること」という意の“厚生”を冠として香里園という地で誕生しました。
創業者 入江實 がその時に誓った言葉があります。

 

道は一筋我この道をゆく

建築業、不動産業を通して人々を幸せにするという念いと地元一筋で事業展開をして参りました。
創業時より戸建分譲事業をコアとして、注文住宅事業、リフォーム事業、不動産流通(仲介)事業と各分野を幅広く展開し、ターゲットエリアを地元(香里園エリア)に絞り企業拡大を計らず、お客様に最大限の満足度をもたらして参りました。

私達の考える建設不動産事業とは「経常利益をより伸ばし、企業をより拡大する事」よりも「お客様の心からの喜びをつくり、より永く企業体を存続させる事」が最も重要だと考えています。
これまで、お客様第一主義とスローガンを掲げた会社が購入後に倒産という話をよく聞き、目にしてきました。不動産はお客様にとって人生最高額のお買い物だと思います・・・だからこそお客様を守りたいという強い念いを基に企業として経営理念を2010年(平成22年)に確立しました。          

「住心道一筋」~笑顔と喜びのために~    

      

今、厚生住宅建設株式会社という会社が存続出来ているのは、いつも支えていただいた大切な皆様のおかげです。
その大切なお客様、協力業者、取引銀行、従業員とその家族が笑顔になる、いつも一緒に寄り添いよろこびを感じられる、厚生住宅建設(株)に出会えて良かったと言っていただける、そんな会社を目指したいと思います。

私たちは生涯安心できる住空間を創造しお客様の未来にも満足を感じてもらえる住まいづくりに挑戦し続け地域社会に貢献いたします。

【施工事例】「大人な家」の原点!丸い屋根の真っ白なお家<京都府/松井山手 F様邸>

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

今日は、当社がどんな家を建てているのかをより多くの方に知っていただくために、過去の施工事例をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、京都府 松井山手のF様邸
実はこのお家、毎日放送の「せやねん!」という番組で紹介されたお家なんです。

しかもこのお家は、私がまさにその「せやねん!」に出ることを目標にしながら建てたお家だったので、お声がかかったときには正直驚きました!
強く願えば、叶うものですね。
かつみ・さゆりさんが来られて、私も出演させていただくことができました。

番組が放映された後は、電話が鳴り止なまなかったことを覚えています。
お家に関するお問い合わせだけでなく、「あの椅子はどこに売っているんですか?」などといったご質問も!メディアの影響ってすごいなぁ、とつくづく実感しました。

そんなお家のテーマは、「リゾートヴィラ」。
旅行に行った気分を味わえるような“リラクゼーション空間”にこだわってつくりました。このお家が、いまの「大人な家」の原点といえるかもしれません

当時、私の同級生がインドネシアのバリ島に住んでいたことから、材料や家具はバリから仕入れたものを採用し、リゾート感たっぷりのお家に。天井を高く、光の採り入れ方にもこだわって、非日常的なくつろぎ空間を演出しました。

いかがでしたか?
これからも定期的に施工事例のご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

毎年恒例!贅の限りをを尽くしたバーベキュー

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

5月5日に、友人たち家族とバーベキューをすることが毎年恒例になっています。
今年で7年目。場所も服部緑地の「谷あいの原っぱ」に決まっていて、今年は大人20名、子ども12名の総32名で開催されました。

5月5日は晴れの日が多く、7年間で雨が降ったのは1回だけ。今年もやはり晴れました。
毎年毎年、このBBQの大成功の裏側には当然皆の協力があるからです。
場所取り係、テント係、食材係…といろいろ役割があるのですが。私は毎年子供たちの“お菓子担当”を任されています。
事前にお菓子を買ってきて袋詰めして、当日受付で子どもたちに渡します。もしかして余れば自分用に…と思っていたら、余りませんでした。残念。

参加費は大人だけ有料で子どもはもちろん無料。20歳までは子ども、というルールです。
子どもたちのすごいところは、初対面の子同士でも、会って3分で意気投合!年の差関係なく仲良くなって、楽しんでくれていました。
はじめて参加した時は0歳だった子も毎年参加してくれていて、成長が見られるのも楽しみの一つです。

当日の受付や野菜を切ったりする準備は、すべて子どもたちが担当。
日頃、お母さんたちがどんなことをしてくれているのかを知って体験するいい機会になっています。

参加者に飲食店のオーナーが多いのが、このBBQの最大の特徴。
牛肉は某有名焼肉店のお肉、鶏肉は丹波地鶏、野菜は無農薬…と、贅沢すぎる食材が揃っています。
今回は、焼き鳥屋さんがイタリアンに挑戦し3種類のパスタまで作ってくれました。
ドリンクも、ビールサーバーを用意してジョッキで飲み放題!ハイボール用のサーバーまであります。かなり豪勢なバーベキューです。

毎年やっているので、「ちょっと寄りました」といって遊びにきてくれる人もいます。
皆さんもよろしければ、来年の5月5日、服部緑地へお越しください。
私にはなんの権限もないですが…(笑)

みんな5月5日はこの会のために予定をあけていて、「やるよ!」と声をかけなくても、暗黙の了解で集まります。
毎年欠かさず、こうやって顔を合わせられるのが嬉しいですね。
仲間に感謝!!健康に感謝!!
これからもずっと続けていけたらなと思っています。

厚生住宅建設のスタッフを紹介します!〜経理担当 入江 美樹〜

こんにちは、厚生住宅建設です。
今日は、当社の経理担当、入江 美樹を紹介したいと思います!

Q. なぜ厚生住宅建設に?

A. 30年勤務された前任の経理担当の方が定年退職されるということで、子育ても一段落し、毎日“ヒマ”している私に、夫である社長から強制労働の命令が下りました(笑)。
というのは冗談ですが、少しでも厚生住宅のお手伝いができればと思い、“お気楽”生活から“脱楽”することにした次第です。

 

Q. 実際に入社してみて?

A. 経理という仕事に携わったのがはじめてで、右も左もわからず、まったくゼロからのスタートでした。税理士さんに聞いたり、過去の書類を見返したり、一つの作業を進めるのにもすごく時間がかかっていましたが、久しぶりに仕事をするということがとても楽しくって。ゼロから一つ、また一つといろんなことができるようになって、あっという間に毎日が過ぎていくような感覚です。

 

Q. 仕事内容は?

A. 現金の出納管理・伝票入力・給与計算・お取引先様への支払い・売買物件管理…お金にまつわることはすべて担当しています。

 

Q. 心がけやこだわりは?

A. 「限られた時間でどれだけやりきれるか?」ということ、また、周りの方々への感謝を忘れないということをいつも心がけています。

 

Q. やりがいや喜びを感じるのは?

A. 月に一度、月次決算の処理のために来社いただく税理士さんから宿題を出されるのですが、その宿題に向き合っているときにはやりがいを感じますし、金額の合計があったときは毎回嬉しい気持ちになります。
何より一番喜びを感じるのは、お客様の笑顔が見られた時です。お客様と直接かかわる機会は少ないのですが、お家が完成した時にカメラマンさんに撮影いただくお写真を通じて、ご家族の素敵な笑顔を拝見するのが毎回楽しみですし、何より嬉しい瞬間です。

 

Q. 休日はどのように過ごしていますか?

A. 午前中は、テニスで思いっきり汗をかいて、夕方からは、子どもたちの習い事の送迎で走り回っています。休日なのに、ゆっくり休めない…ですが、子どものために何かをしてあげられるのは今だけなので、移動の車中で子どもとの会話を楽しんでいます。女子ばかりで、かなりうるさいですが(笑)。

 

Q. 今後の目標は?

A. 企業永続に向けて、まずは3年後の 50周年を無事迎えられるように、少しでも貢献できたらと思っています。

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、その中からいくつかのお声を抜粋してご紹介させていただきます。

 

■寝屋川市S様ご家族

笑顔と共に

マイホームは高い買い物なので、購入に至るまでには躊躇もありましたが、入江社長の人柄が最後の決め手になりました。熱心に、親切に対応してくださり、心から信頼できました。「いいお家を建てる」という信念!さすがプロだと感じました。入江社長の周りには素晴らしいお仲間がたくさん!今後もお仲間の皆さんを大切に、いいお仕事をしてください。本当にありがとうございました!

 

■寝屋川市O様ご家族

思い通りのステキな家

香里園駅近辺で土地を探していたところ、「立地がいい」と思った場所に厚生住宅さんの分譲地を見つけて連絡しました。日当たりも良く、間取りも設備もすべて選んで建てられたので、とても満足のいくマイホームになりました。

すべてにおいて、とても迅速に丁寧に対応していただいたので、はじめての家づくりでも安心して進めていくことができました。厚生住宅さんでマイホームを購入できて本当に良かったです。今後も、家のメンテナンスなどでも色々と相談に乗っていただけたらと思います。

>>S様、O様、アンケートへのご協力ありがとうございました!

みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

テニスとの出愛い

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

いつからなのか。。。

こんなにテニスにはまってしまったのは・・・(笑)

全くの初心者で、地元にある「星田テニスクラブ」の門をたたいたのは、今から5年前のことです。

最初は下手すぎて初級クラスに入ることも出来ませんでしたが、そんな私を心優しいコーチ陣が手厚く特訓してくださったおかげで、何とか少しは打てるようになりました<(_ _)>

今は中級のクラスで諸先輩方に揉まれながら、日々勉強させていただいております。

このメンバーの凄いところは3つあります。 

1.1年中、体調不良などで休まない“健康”

2.コートを目一杯使って相手を翻弄する“テクニック”

3.あきらめない心で向上心を持ち続けている!

 

このような尊敬している方々にとても可愛がっていただき、今も継続できています。

スポーツは身体を動かすことだけでなく、心も健康にしてくれます。

 

無我夢中になれるこの時間を、一所懸命楽しめる。

テニスと仲間の“出愛い”に感謝。

“大人な家GT”プロジェクト始動!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

行楽シーズン真っ只中!キャンプやピクニック、バーベキューなどを楽しまれている方も多いと思います。

どこかへお出かけするのはもちろん楽しいですが、家でのんびり過ごすのもオツなものですよね。

ただ生活するだけの場所ではなく、休日を楽しく過ごせる場所

そんなお家なら、暮らしがもっと豊かになると思いませんか?

 

例えばリビングから出たお庭に、小さくてもいいから、のんびりご飯を食べたり、お酒を飲んだりできるようなスペースを設けてみる。友人を呼んでバーベキューをするのもいいですし、小さなお子様がいらっしゃるご家庭なら、ビニールプールを置いてあげてもいいですね。その脇には、石を固めて小さな囲いを作り、夏場は氷を入れて飲み物を冷やしておいたり、冬場は薪をたいて暖炉がわりにしたり…。

そんな風に、暮らしを豊かにするお庭づくりのご提案をしていきたいと考えたのが、「大人な家GT(Garden Terrace)」プロジェクトです!

 

お正月やお盆やすみに、お孫さんが集まってくるというお家も多いと思いますが、せっかく遊びにきてもやることがない…となってしまっては寂しいですよね。

そんなお家こそ、お庭に少し手を入れて楽しめるスペースを作っておく。そうすれば、お孫さんたちが1週間でも2週間でも喜んで過ごしてくれるお家になりますよ!

孫たちが、「遊びに行きたい!」と言ってくれる家。

友人たちに、「今度の日曜、家においでよ!」って言いたくなる家。

そんなお家って、素敵だと思いませんか?

ついに始動した「大人な家GT」プロジェクト。ご期待ください!