厚生住宅建設のスタッフを紹介します!〜事務担当 鈴木 千賀子〜

こんにちは、厚生住宅建設です。

今日は、当社の事務担当、鈴木 千賀子を紹介したいと思います!

Q.自己紹介をどうぞ!

A.大阪生まれ、大阪育ちの鈴木です。入社してもうすぐ2年になります。19歳と17歳の息子がいます。

Q.仕事内容は?

A.事務全般のほか、販売や案内の資料作成や、当社で取り扱っている賃貸物件の管理などを担当しています。最近は、先日からスタートした会社のインスタ投稿にハマっていて、「インスタ映え」のことで頭がいっぱいです!(笑)

 

Q.入社を決めた理由は?

A.何社か面接をしていただいた中で、入江社長の“アツさ”が印象的だったからです

 

Q.実際に入社してみて?

A.社長は、一日中ずっと、裏表なく社長です。社長は、私たちの「こうしてみたい!」を受け入れてくださって、遊び心いっぱいの会社です。

 

Q.心がけやこだわりは?

A.お客様や業者様からの物件確認のお電話が多いのですが、「空いていますか?」「案内できますか?」「いくらですか?」などの簡単なお問い合わせには誰でも答えられるように、一覧表などを作成して情報を共有し、スムーズに対応できる体制づくりを目指しています。また、お電話いただいた方に気持ちよくお話しいただけるよう、丁寧な電話対応も心がけています。

Q.やりがいや喜びを感じるのは?

A.お客様と接する機会の多い社長と営業の下園さんが、お客様からお喜びの言葉をいただいている姿を見たり聞いたりするときが一番嬉しい瞬間です。

 

Q.印象に残っていることは?

A.昨年の事務所リノベーションを機に、事務所のイスが念願のバランスボールになりました!

 

Q.休日はどのように過ごしていますか?

A.休日は、犬とずっと一緒に過ごしています。迷い犬だったので、いま何歳なのかはわかりませんが、家族になって5年になります。家にいる時は私のそばにずっといてくれて、私にとっての癒しの存在です。

 

Q.今後の目標は?

A.「縁の下の力持ち」です。社長と下園さん(=会社)が、お客様からたくさんの笑顔をいただけるよう頑張ります!

【施工事例】工夫とアイデアで収納たっぷり!ぬくもりを感じる無垢の家<寝屋川市本町H様邸>

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

今日は、当社がどんな家を建てているのかをより多くの方に知っていただくために、過去の施工事例をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介するのは、寝屋川市本町のH様邸。

ご夫婦と、小学生と中学生のお子様の4人で暮らすご家族です。

 

 

H様は、当社の別のモデルハウスを気に入ってくださって、「絶対に厚生住宅建設で家を買いたい!」とおっしゃっていただいたお客様です。

デザインはもちろん、当社の素材選びに対するこだわりなどにも共感してくださいました。

 

 

 

ただその時は予算が合わず、人気の物件でもあったため、すぐに他の方の手に渡ってしまった…という経緯がありました。

 

そしてその2年後、H様のご友人が当社のチラシをご覧になり、「厚生住宅のモデルハウスが建ってるよ!」と教えてくださったのだそう。

 

 

ご希望のエリアで、金額も納得いただけるものだったため、「買います!」と即決いただきました。本当に、ありがとうございます!

 

このお家のポイントは、なんといっても収納の豊富さ

大きなお家ではないながらも、本来ならデッドスペースになるような場所を収納に変えたり、ちょっとした向きの調整でスペースを捻出して収納にしたりと、アイデアと工夫によって、十分な収納を作ることができました。

 

 

また、無垢をふんだんに使用したリビングや寝室は快適そのもの。リビングの天井はあえて梁を見せ、無垢の羽目板を施すことで、天井を高く感じられるうえに、おしゃれなアクセントにもなっています。

収納たっぷりで暮らしやすく無垢のぬくもりを感じられる素敵なお家になりました。

 

 

 

いかがでしたか?

これからも定期的に施工事例のご紹介をしていきますので、どうぞお楽しみに!

 

【大人な家ギャラリー→http://www.koseijutaku.co.jp/gallaly.html

厚生住宅建設にお寄せいただいた“お客様のお声”をご紹介

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

当社では、お引き渡しの後に“お客様アンケート”へのご協力をお願いしており、さまざまなご感想をお寄せいただいております。今回は、寝屋川市寿町のK様からいただいたお声をご紹介させていただきます。

 

ココロオドル毎日

以前は賃貸物件で暮らしていましたが、家賃補助もなくなり、同じような金額を支払うのであれば家族が落ち着いて暮らせる家を持つ住宅ローンに切り替えた方がいいと思い、マイホームの購入を決めました。

 

打ち合わせが始まると、思った以上に決めていくことが多くて大変だと感じたこともありましたが、常に私たちの都合を優先していただいて、スピーディに対応していただいたおかげで、負担に感じるようなことはありませんでした。

 

実際に暮らしはじめての感想は、“大満足”の一言に尽きます。

心配していたリビングの明るさも想像以上に明るく、南側に窓がないとは思えないほどです。入江社長のおっしゃっていた通りでした。無垢の床も希望通りにしていただいて、とても満足しています。

ただ一つ、コンセントの数や位置について、もう少し想像を働かせながら考えた方がよかったなと反省しています。

 

はじめての家づくりでわからないことが多い中、いつも親身に、丁寧に対応してくださり、助けてくださいました。無理なオーダーにも嫌な顔ひとつせず、気持ちよく対応いただきありがとうございました。これからも変わらずお付き合いをよろしくお願いします。

>>K様、アンケートへのご協力ありがとうございました!

みなさまから頂戴するお言葉は当社の財産です。これからもお寄せいただいたお声をしっかりと受け止め、お客様満足度向上のためにスタッフ一同努力を続けてまいります。

家族がいつも仲良く、快適に暮らせる家づくり

こんにちは、厚生住宅建設です。

 

新入学、新生活の季節ですね。

生活や環境の変化を迎えて、忙しい毎日をお過ごしの方も多いことと思います。

今日はそんな中でも、毎日が「てんやわんやだ!」という子育てファミリーにオススメの家づくりについてお話させていただきたいと思います。

 

当社がオススメしている一つのご提案が「フロントクローク」です。

玄関を開けると正面に扉があり、左はリビングにつながっているというレイアウト。

正面の扉を開けると、両サイドが収納になっているフロントクロークが現れます。

たとえばそこに、幼稚園のバッグやランドセルなど、次の日に持っていく物をすべて集結させておく。そうすれば、あっちこっちへ物を取りにいく必要もなくなりますし、忘れ物だって少なくなりますよ!

収納力があるため、ストック置き場としても、買い物や宅配の荷物の仮置き場としても重宝します。

フロントクロークを中心として動けるような日々のルーティンを作っておくと、無駄な動きが少なくなって、毎日の暮らしがぐんと快適になるはずです

 

もう一つは、「ファミリールーム」というご提案。

リビング階段を上がったところに、“セカンドリビング”として使えるようなスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

リビングにプラレールやレゴを組み立てると、遊び終わるたびに片付けないといけませんよね。急な来客があったときも大変です。

でも、ファミリールームならそのままでOK!

「早く片付けなさい!」と叱るストレスからも解放されるかもしれません。

また、パソコン作業や勉強ができるカウンターを作れば、それぞれが部屋にとじこもることなく、常に家族の気配を感じながら過ごせますし、リビングとつながっているため、下の階から「ご飯よ〜!」と声をかけることもできますね!

 

家族が仲良く快適に暮らせる住まいづくり

そんなご提案を、これからも続けていきたいと思っています。

24時間365日見守ります!住まいと暮らしの安心サポート「C&Oハピネスライフ24」

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

今日は、前回(快適に暮らしていただくために)お話できなかった「C&Oハピネスライフ24」の詳細をお伝えしたいと思います。

 

まずは、「緊急かけつけサービス」から。

住まいに関するトラブルについて、専門知識をもったスタッフが24時間365日体制で電話受付。水まわり・鍵・ガラス・電気設備・ガス設備の5つのトラブルについて、無料で応急処置を行います。どんな些細なトラブルでも結構です。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

 

応急処置に来てもらったのはいいけれど、かけつけサービス無料対応の範囲外だった…。

そんな時も、諦めるのはちょっと待ってください!
かけつけサービスから通知を受けた「火災保険の損害査定エキスパート」が、その損害が火災保険で対応可能かどうか速やかに分析

火災保険補償対象の可能性がある場合は、お客様へご連絡のうえ、保険金請求までしっかりサポートいたします。

そのほか、「お手伝いサービス」もご用意しています。

照明器具の管球交換や家具の移動、高所設置窓の掃除について、年に2回、無料でお手伝いさせていただきます。

 

住まいに関することだけではありません。

ご家族のお身体に“もしも”のことがあった場合にもご相談いただける「医療案内ダイヤル」をご用意。医師または看護師が、24時間365日、無料で医療相談にお応えいたします

 

さらにさらに!

「自転車で歩行者にぶつかり怪我をさせた」「お子様が友人宅で家具を壊してしまった」…などの事故に関して、最大3億円までの個人賠償責任補償もおつけしています

 

ご家族の身に起こりうるあらゆる「万が一」を、全力でサポートいたします

 

すべて、ご入居後10年間のサポートです。

詳しくは、当社スタッフまでお問い合わせください。

「C&Oハピネスライフ24」については、動画でもご紹介しています。

ご興味のある方はぜひご覧くださいね!

↓↓

 

 

いつまでもながく安心して、快適に暮らしていただくために「C&Oハピネスライフ24」

こんにちは、厚生住宅建設入江です。

 

いうまでもなく家づくりは、多くの方にとって一生に一度の大イベント

そして、一生のうちで最も高価な買い物です。

そんな家づくりに携わる私たちの仕事は、家を建てて終わりではありません。

お客様と私たちの真のお付き合いは、ご入居後からが始まるものだと考えています。

 

 

 

以前は、名刺に私の携帯電話の番号を書いてお渡しし、「何かお困りのことがあれば、24時間365日、いつでもこの番号にお電話くださいね!」とお伝えしていました。

しかしある時、お客様から「もし何かあっても、夜中に電話するなんて気がひけますよ」と言われたことがあったんです。

「おおごとではないかもしれないのに、社長に直接電話するなんて…」と。

 

ハッとしました。

確かにそうかもしれない。お客様に気を遣わせてしまうなんて、もってのほか。

何かいい方法はないか…。

 

 

そう思っていた時、偶然にも今当社が採用しているサービスに出会いました。

それが、お客様の住まいと暮らしを24時間365日見守るC&Oハピネスライフ24」です。

 

その内容とは…

 

  1. 住宅トラブル緊急かけつけ&お手伝い
  2. 火災保険の損害査定エキスパートダイヤル
  3. 医療案内ダイヤル
  4. ケガの補償と個人賠償責任補償

 

…とここまでで話が長くなってしまいましたので、詳しい内容については、次回お話させていただきますね!

みなさん、お気軽に遊びに来てください!オフィスをリニューアルしました!〜続編〜

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

先日お話させていただいたオフィスリニューアルについて(http://koseijutaku.co.jp/blog/topics/オフィスリニューアル)、今日は、2階の打ち合わせスペースが実際にどんなふうに変わったのかお話させてください。

 

 

北側は大きなテーブルと椅子を置いた商談スペースに、南側は座卓とラグを置いて“茶の間スタイル”としました。

 

 

広く開放的なスペースでお打ち合わせもできますし、契約のお話やプライバシーに関するお話もさせていただけるように、スペースの一角に個室も用意しています

 

また、小さなお子さま連れでも安心してお越しいただけるように、キッズスペースもご用意しました

 

 

お子さまに怪我がないようクッションで囲み、窓にもプラスチックのパネルを貼っています。DVDが観られるようにテレビも置いています。

 

お打ち合わせの最中も目が届くような配置になっていますので、親御さんも安心ですし、子どもたちもパパやママの声が聞こえるので、落ち着いて遊んで待っていてくれますよ!

 

またリニューアルで目指したのは、リフォームやリノベーションの発想が膨らむような部屋にしたいということでした。

お客様がご覧になって、「こんな壁にしたいな」「こんな造作家具にも憧れるな」…と思っていただけるように、細部にまでこだわりました。

 

 

社員のみんなが友達を呼んでも恥ずかしくない、そんな自慢のオフィスが完成しましたので、ぜひお気軽に遊びに来てくださいね!