みなさん、お気軽に遊びに来てください!オフィスをリニューアルしました!〜続編〜

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

先日お話させていただいたオフィスリニューアルについて(http://koseijutaku.co.jp/blog/topics/オフィスリニューアル)、今日は、2階の打ち合わせスペースが実際にどんなふうに変わったのかお話させてください。

 

 

北側は大きなテーブルと椅子を置いた商談スペースに、南側は座卓とラグを置いて“茶の間スタイル”としました。

 

 

広く開放的なスペースでお打ち合わせもできますし、契約のお話やプライバシーに関するお話もさせていただけるように、スペースの一角に個室も用意しています

 

また、小さなお子さま連れでも安心してお越しいただけるように、キッズスペースもご用意しました

 

 

お子さまに怪我がないようクッションで囲み、窓にもプラスチックのパネルを貼っています。DVDが観られるようにテレビも置いています。

 

お打ち合わせの最中も目が届くような配置になっていますので、親御さんも安心ですし、子どもたちもパパやママの声が聞こえるので、落ち着いて遊んで待っていてくれますよ!

 

またリニューアルで目指したのは、リフォームやリノベーションの発想が膨らむような部屋にしたいということでした。

お客様がご覧になって、「こんな壁にしたいな」「こんな造作家具にも憧れるな」…と思っていただけるように、細部にまでこだわりました。

 

 

社員のみんなが友達を呼んでも恥ずかしくない、そんな自慢のオフィスが完成しましたので、ぜひお気軽に遊びに来てくださいね!

【淀川寛平マラソン】今年も完走!仲間のサポートに感謝です!

こんにちは、厚生住宅建設の入江です。

 

2018年3月4日(日)、毎年地元で開催されます「淀川寛平マラソン2018」に、昨年に引き続き参加させていただきました。

 

 

 

1チーム6人駅伝方式で42.195㎞、襷と心で繋いで全員でゴールを目指す。

今年は経営者の仲間ばかり総勢5チーム30人で参加しましたが、な・な・なんとその中で私が最年長!

足を引っ張らないようにと精一杯頑張りましたが、昨年よりも体重が増量したためか、後半は思うように足が上がらず・・・悲しい言い訳(T_T)

 

 

 

おそらく自分一人では心が折れ諦めてしまうかもしれませんが、素晴らしい仲間がいるから何とか完走しゴールする事が出来ました。

一緒に走っていただいた仲間に感謝です。

 

 

 

マラソンに限らずスポーツはある意味人生そのものであり、良い時も悪い時もいつも周りの方、仲間からのサポートがあるから頑張れるように思います。

本当に感謝しかないですよね。

今年こそ8月に富士山登頂へもチャレンジしたいと思います。

 

 

みなさん、お気軽に遊びに来てください!オフィスをリニューアルしました!

こんにちは、厚生住宅建設入江です。

当社はこのたび、オフィスをリニューアルオープンいたしました!

お越しいただいたことのある方はご存知の通り、もともとは2階を事務所兼打ち合わせスペースとして、3階を倉庫として使っていたのですが、その倉庫には、先代社長の時代から溜まりに溜まったモノたちが溢れかえっていました。

 

そこで今回、思い切って“倉庫一掃大作戦”を決行!

社員のみんなが、汗を流して頑張ってくれました!ありがとう!

 

 

そうしてスペースができた3階に事務所を移動し、2階を打ち合わせ・来客用の専用スペースとすることで、たくさんの人にお越しいただいてもゆとりのある、広々空間が実現しました!

団体様でお越しいただいても大丈夫です。

“チームC&O”のみんなで一緒にご飯も食べられます。

お越しいただいたことのある方もそうでない方も、ぜひ一度、お気軽に遊びに来てくださいね!

 

今回、思い切ってリニューアルすることで、とても気分が良くなりました。

会社の“空気”が変わりました。

社員のみんなも変わって、お越しいただける人たちも変わりました。

 

来る人みんなが幸せになれるような、相手の幸せを自分の幸せと感じられる人たちが集まるような…そんな場所になればいいなと思っています。

 

「過去と他人は変えられない」

何かを変えたければ、まずは自分が変わるんです。

 

3年後、5年後の当社を楽しみにしていてください!

 

 

「住心道一筋」厚生住宅建設代表取締役・入江忠之です。

こんにちは!厚生建設住宅の代表取締役、入江忠之です。

今日は少しだけ、私の話をさせてください。

私がまだ駆け出しの頃、世間はまさにバブル全盛期でした。

その頃の私は、情報さえあれば毎月の売上目標が達成できるような状態で、売上を伸ばすことだけを考えていたように思います。

そんな時、お客様からあるお言葉をいただきました。

「本当にありがとうございました。家族と大切に、そして幸せに暮らします」。

それは、お引き渡しの時でした。

私からお客様へ「ありがとうございました」と感謝を伝える場面で、このような心のこもったお言葉をいただいたのです。

私は、「ハッ」としました。
自分自身のことばかり、売ることだけに精一杯だったかもしれない…と。

それ以来、私の住まいへの思い、仕事への思いは変わりました。

厚生住宅建設に出会って良かったと思っていただきたい。
お客様に、心から喜んでいただきたい。
ありがとう」にたくさん出会える仕事がしたい…。

私たちの理想の仕事は、お客様にご満足いただくこと、そして、それ以上の感動を味わっていただくことです。

これからも、これまで以上に地元地域に貢献し、皆様のお役に立てる企業を目指してまいります。一つ一つの出会いに、心より感謝いたします。